高橋洋一 (著作家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

高橋 洋一(たかはし よういち、1948年 - )は、フランス文学者、翻訳家。

東京都生まれ。一橋大学卒業。専攻・文化社会学・比較文化。ファッション・舞踊・文芸・美術などの評論活動を行う。

ジャン・コクトーを軸に19-20世紀フランス文学を翻訳・研究している。

著書[編集]

  • ジャン・コクトー 幻視芸術の魔術師 講談社現代新書 1995.10/平凡社ライブラリー(増補版) 2003.11
  • ベル・エポックの肖像 サラ・ベルナールとその時代 小学館ヴィジュアル選書 2006.1
  • 中原淳一 美と抒情 講談社 2012.11

翻訳[編集]

  • シネマトグラフをめぐる対話 ジャン・コクトー 村松書館 1982.6
  • アンデルセン エリアス・ブレスドーフ 「童話全集」別巻 アンデルセン生涯と作品:小学館 1982.12
  • 街の狩人 ジョルジュ・ローデンバッハ 沖積舎 1984.3
  • 聖女ウルスラ伝 ジャン・コクトー 「全集」第8巻 東京創元社 1987.8
  • おかしな家族 ジャン・コクトー 講談社 1994.6
  • 恐るべき子供たち ジャン・コクトー 求龍堂 1995.8
  • ぼくの天使 詩画集 ジャン・コクトー 講談社 1996.9
  • クリスチャン・ディオール マリー=フランス・ポシュナ 講談社 1997.9
  • コクトーが愛した美女たち ドミニク・マルニィ 講談社 1998.9
  • COMME des GARCONS フランス・グラン 光琳社出版 1998.5
  • 美と王妃たち ジャン・コクトー 河出書房新社 2004.5
  • ローデンバック集成 ジョルジュ・ローデンバック ちくま文庫 2005.9
  • パリとヒトラーと私 ナチスの彫刻家の回想 アルノ・ブレーカー 中央公論新社 2011.8