高橋明 (医学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 明(たかはし あきら、1884年(明治17年)11月5日 - 1972年昭和47年)3月12日)は日本医学者新潟医科大学(現・新潟大学医学部)および東京帝国大学(現・東京大学)の教授日本医師会会長、学校法人獨協学園理事長などを務めた。泌尿器科学が専門。

生涯[編集]

1884年11月5日愛知県渥美郡泉村(現・田原市)に生まれる。旧制第一高等学校を経て京都帝國大学福岡医科大学(現・九州大学医学部)に入学した。1909年11月に同校を卒業し、翌月東京帝国大学(現・東京大学大学院に入学。皮膚病学会を創設した土肥慶蔵教授に学ぶ。1913年9月に大学院を退学し、ベルリン大学に留学して泌尿器疾患の研究を行なう。さらにロンドンに行きセント・ピーター・ホスピタルで泌尿器科を視察した後、1915年に帰国した。

1916年2月に新潟医学専門学校(現・新潟大学医学部)の教授に就任。1917年5月14日、医学博士の学位を受けた[1]1922年、同校の改組に伴い新潟医科大学教授となる。1927年、東京帝国大学(現・東京大学)の教授に就く。同校では泌尿器X線診断、尿路結石膀胱腫瘍などの研究を行なっている。また、1929年から1942年にかけて日本泌尿器科学会の会長を9回務めた。

1946年に東京逓信病院の院長に就任して1962年まで務めた。1948年に東京大学を退官し、名誉教授となる。また同年日本医師会会長に就く。1957年からは10年間、学校法人獨協学園理事長を務めた。1965年正三位を、1970年勲三等を贈られたのち1972年3月12日心不全で亡くなる。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1449号、大正6年6月1日。

参考文献[編集]

  • 高安久雄『高橋明先生の御逝去を悼む』 日本泌尿器科學會雜誌、Vol.63(8)、P.585-587、1972年