高橋文質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 文質(たかはし ぶんしち、1859年4月9日安政6年3月7日[1]) - 1915年大正4年)5月29日[2])は、日本の衆議院議員憲政本党立憲国民党)。

経歴[編集]

越後国頸城郡板倉村(現在の新潟県上越市)出身[3]。板倉村会議員、中頸城郡会議員、新潟県会議員、同参事会員を歴任した[2]1908年(明治41年)、第10回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

その他、立憲改進党系の高田新聞社社長を務め、上越水力電気株式会社取締役に選ばれた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第28回帝国議会衆議院議員名簿』1912年、20頁。
  2. ^ a b 議会制度七十年史 衆議院議員名鑑 1962.
  3. ^ a b 第二十八議会衆議院議員写真列伝 1912, p. 35.

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。
  • 鷹居匡『第二十八議会衆議院議員写真列伝』経済時報社、1912年。