高橋小十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 小十郎(たかはし こじゅうろう、1845年2月9日(弘化2年1月3日[1][2])- 1911年明治44年)9月5日[1][2][3][4])は、明治期実業家政治家。旧名・小野田久助[1][2]

経歴[編集]

三河国渥美郡高塚村[1][2]愛知県[3]渥美郡高塚村、豊南村、高塚村、高根村高豊村[4]を経て現豊橋市高塚町)で、小野田久二郎の二男として生まれた[1][2]。同村、小野田吉次郎の寺子屋で学んだ[1]。1854年(安政元年)吉田(豊橋)船町の回漕肥料店・高橋小十郎家に奉公した[1][2]。1870年(明治3年)主人、高橋小十郎が死去し、跡取り不在のため高橋家を継承し、小十郎を襲名した[1][2]

継承した回漕業の経営を次第に拡大し、豊橋一の回漕問屋に成長させた[1]。また、豊橋市街第一番組長会議員、渥美郡町村連合会議員、豊橋商談会議員、豊橋町会議員、豊橋商業会議所常議員、豊橋米穀取引所監査役などを務めた[1][2][3][4]

1894年(明治27年)9月、第4回衆議院議員総選挙(愛知県第11区、立憲革新党)で当選し[1][2][5]、その後、進歩党に所属し衆議院議員に1期在任した[3][4]

その後、1898年(明治31年)三遠銀行頭取、1907年(明治40年)豊橋商業会議所会頭にそれぞれ就任した[1][2]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『郷土豊橋を築いた先覚者たち』112-113頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『豊橋百科事典』406頁。
  3. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆院議員名鑑』378頁。
  4. ^ a b c d 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』269頁。
  5. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 上巻』87頁。

参考文献[編集]

  • 『衆議院議員総選挙一覧 上巻』衆議院事務局、1915年。
  • 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』衆議院事務局、1940年。
  • 郷土豊橋を築いた先覚者たち編集委員会編『郷土豊橋を築いた先覚者たち』豊橋市教育委員会、1986年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 豊橋百科辞典編集委員会編『豊橋百科事典』豊橋市、2006年。