高橋勇夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋 勇夫(たかはし いさお、1953年 - )は、日本文芸評論家、アメリカ文学者。専修大学法学部教授。

岩手県出身。東京大学文学部英文科卒業。東京大学大学院人文科学研究科英語英文学専攻修士課程修了。修士論文はノーマン・メイラー論である「Existential Odyssey : An Advertisement for Norman Mailer」。専門は20世紀アメリカ文学、日本近現代文学及び英米思想。愛知教育大学助教授をへて専修大学助教授。1987年に「帰属と彷徨──芥川龍之介論」(『群像』1987年6月号)で第30回群像新人文学賞評論部門を受賞。

マイケル・ポランニーハンナ・アーレントなどを翻訳している。

著書[編集]

  • 『詭弁的精神の系譜──芥川、荷風、太宰、保田らの文学的更生術』(彩流社、2007.12)

主な論文[編集]

  • 「サボタージュの思想──津島佑子の世界」(『群像』1990年3月号)
  • 「文学の難所」(『群像』1995年3月号)
  • 「文学は事件に拮抗し得るか」(『群像』1995年7月号)
  • 「モラルの契機」(『群像』1996年7月号)
  • 「絶たれた回路──感情の治水工事について」(『群像』1999年1月号)
  • 「「文学嫌い」と「読み巧者」──批評の空洞化」(『群像』2001年1月号)

訳書[編集]