高橋其三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 其三(たかはし きぞう、1878年明治11年)12月13日[1] - 1934年昭和9年)11月23日[1])は、日本宮内官僚判事検事宮中顧問官

経歴[編集]

長野県上伊那郡高遠町(現在の伊那市)出身。1904年(明治37年)、東京帝国大学法科大学独法科を卒業。司法官試補となり、東京区裁判所検事代理、東京地方裁判所検事、東京区裁判所検事、東京地方裁判所判事、横浜区裁判所判事、横浜地方裁判所判事、東京地方裁判所判事、東京控訴院判事を歴任。1913年大正2年)、帝室会計審査官に転じ、帝室会計審査局主事、宮内事務官、内匠寮経理課長、宮内書記官帝室林野局次長を歴任した。1930年(昭和5年)より宮中顧問官・久邇宮別当を務めた。

脚注[編集]

参考文献[編集]