高橋光成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「髙橋光成」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
髙橋 光成
埼玉西武ライオンズ #17
Konatakahashi.jpg
2018年2月9日 春季キャンプ
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県沼田市
生年月日 (1997-02-03) 1997年2月3日(21歳)
身長
体重
190 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 ドラフト1位
初出場 2015年8月2日
年俸 2,150万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

髙橋 光成(たかはし こうな、1997年2月3日 - )は、群馬県沼田市出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。現在は埼玉西武ライオンズに所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

利根東小学校1年生の時に「利根ジュニア」に入り野球を始め[3]、当時は投手外野手でプレーして、利根中学校では投手[2]。また、中学時代は沼田市の軟式野球クラブ「NBAトレジャーズ」でもプレーしていた[4]

前橋育英高校に入学すると1年生の夏からベンチ入りを果たし、秋にはチームのエースになった[3]。2年生の時は第95回全国高等学校野球選手権大会初戦の岩国商業戦で連続奪三振数で歴代2位の9者連続奪三振を記録し完封[5]、2回戦も完封、3回戦で1失点(自責点0)完投、準々決勝ではリリーフで登板し、準決勝では1失点(自責点0)完投勝利で勝ち上がると[6]延岡学園との決勝では3失点(自責点2)完投勝利を収め[7]、前橋育英は初出場で初優勝となった[8]。 大会通算成績は6試合50回を投げ自責点2、防御率0.36[8]。 大会後は8月30日から9月8日まで国際野球連盟の主催で行われた第26回AAA世界野球選手権大会日本代表に選ばれた[9]

3年生の時は第96回全国高等学校野球選手権群馬大会3回戦で健大高崎に6失点を喫し敗れた[10]。大会後に9月1日から6日までアジア野球連盟の主催でタイバンコクで行われた第10回18Uアジア野球選手権大会の日本代表に選ばれ[11]フィリピン戦では5回、チャイニーズタイペイ戦では4回2/3をそれぞれ投げ共に自責点0だった[12]

2014年10月23日に行われたプロ野球ドラフト会議埼玉西武ライオンズから1巡目指名を受け[13]、契約金1億円プラス出来高払い5,000万円、年俸1,300万円(金額は推定)で合意し[14]、入団。背番号は「17」に決まった[15]。一時阪神タイガース及び福岡ソフトバンクホークスの1位候補や広島東洋カープの外れ1位候補に名が挙がったが[16][17][18]、ドラフト直前に西武が1位指名を明言[19]、結局会議では西武の単独指名となった[20]。なお、前橋育英から高卒で直接プロ入りするのは高橋が初めてである[21]。新入団選手発表会で登録名はフルネームの「高橋光成」となることが発表された[22]

西武時代[編集]

2015年、4月28日に同チームの山川穂高石川貢と共に「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」のNPB選抜に選出された事が発表された[23][24]。6月29日に行われたこの試合では、救援で1回を投げ本塁打により1失点を喫した[25]。8月2日に出場選手登録され[26]、同日の対ソフトバンク戦でプロ初登板・初先発し、3回0/3を投げ4失点(自責点3)で敗戦投手になった[27][28]。9日の対オリックス・バファローズ戦で先発登板し、5回1/3を投げ自責点0でプロ初勝利を挙げ[29][30]、23日の対千葉ロッテマリーンズ戦では、9回を投げ被安打6、与四死球2、無失点でプロ初完投・初完封勝利を挙げると[31][32]、31日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦に先発した際には5回を投げ2失点で4勝目を挙げた[33][34]。西武ライオンズにおいて高卒新人投手のプロ入り2試合目での初勝利は、1999年に初登板・初勝利を挙げた松坂大輔に次ぐ早さで、18歳6カ月での初勝利は18歳7カ月で初勝利を挙げた松坂より早く[29]、初登板から4試合目での完封勝利は松坂と並び最速記録(前身球団を含めると、1956年に記録した畑隆幸も4試合目での達成で並ぶ)[31]。また、高卒新人投手が月間4勝を挙げたのは、阪神タイガース藤浪晋太郎が2013年8月に記録して以来だが、初登板した月に月間4勝以上を挙げたのはドラフト制度導入後では史上初(それ以前では、東映フライヤーズ尾崎行雄が1962年の4月に5勝を記録)[33]。結局8月は5試合に登板し4勝1敗、防御率2.96の成績で、パ・リーグの月間MVPを獲得した[35]。高卒新人選手の月間MVPの受賞は1986年9月に受賞した清原和博、1987年8月に受賞した近藤真市、1999年7月に受賞した松坂大輔、2013年8月に受賞した藤浪晋太郎以来5人目だが、高橋の18歳6カ月での受賞は、18歳10カ月で受賞した松坂の記録を更新して両リーグ通じて最年少での受賞になった[36][37]。二軍では13試合に登板、4勝4敗、防御率3.69の成績で、イースタン・リーグの優秀選手賞を受賞した[38]

2016年、3月20日の二軍での対東京ヤクルトスワローズ戦で、初回に球審からの球を捕球し損ねて顔に当て右頬を骨折したが[39]、大事に至らなかった[40]。5月6日の対北海道日本ハムファイターズ戦で先発登板した際、1死満塁の6回に暴投、本塁のベースカバーに入り、突入してきた二塁走者の淺間大基をタッチアウトにしたが、審判団のビデオ判定の結果、ベースカバーの際に左足が本塁をわずかに塞いでいた事が確認されたため、コリジョンルールの適用により判定が覆りセーフとなり、この年から導入された同ルールによって判定が覆った初の事案となった[41]。 5月26日に県営大宮球場で行われた対楽天戦に先発して完封勝利を挙げたが、高卒選手が1年目から2年連続での完封勝利達成はパ・リーグでは田中将大以来8年振り、西武ライオンズ所属選手としては松坂大輔以来16年振りのことで、また、同球場で完封勝利を挙げたパ・リーグ史上初の投手となった[42][43]。6月15日の対広島戦では9番・投手で先発出場、3回表にプロ初打席に立ち、結果は三塁手への犠牲打だった[44]。なおこの年は、リーグ最多の12暴投を記録した[45]

2017年、開幕から先発ローテーション入りしたが、5月に右肩の違和感で離脱し、9月24日のオリックス戦で復帰したため、7試合の登板で3勝4敗に留まった。オフにウィンターリーグに参加した[46]

選手としての特徴・人物[編集]

  • プロ1年目に二軍の公式戦で速球が自己最速となる154km/hを記録した[47]。変化球はスライダーフォークなどを投げる[48]
  • 同じ2014年のドラフトで7位指名で千葉ロッテマリーンズに入団した脇本直人とは、小学校の時からの知り合いで中学時代は「NBAトレジャーズ」でのチームメイト、高校生になってからも連絡を取り合っていた仲ではあるが[4][49]、高校3年生時の夏の対健大高崎戦では脇本に逆転打を打たれている[10]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 西武 8 8 1 1 0 5 2 0 0 .714 185 44.0 32 3 23 0 4 22 2 1 16 15 3.07 1.25
2016 22 19 2 1 0 4 11 0 0 .267 529 118.0 134 10 51 0 5 89 12 0 73 58 4.42 1.57
2017 7 7 0 0 0 3 4 0 0 .429 169 39.1 36 3 20 0 1 30 3 0 20 18 4.12 1.42
NPB:3年 37 34 3 2 0 12 17 0 0 .414 883 201.1 202 16 94 0 10 141 17 1 109 91 4.07 1.47
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2015 西武 8 4 9 1 2 .929
2016 22 9 17 2 2 .929
2017 7 3 6 0 1 1.000
通算 37 16 32 3 5 .941
  • 2017年度シーズン終了時

表彰[編集]

  • 月間MVP:1回(投手部門:2015年8月)
二軍
  • 優秀選手賞:1回(2015年)

記録[編集]

投手記録
野手記録

背番号[編集]

  • 17 (2015年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年5月25日閲覧。
  2. ^ a b 前橋育英・高橋光9連続K!松井にあと1 日刊スポーツ 2013年8月13日紙面から
  3. ^ a b 2014年ドラフト ◇西武1位指名 スポニチ Sponichi Annex[リンク切れ]
  4. ^ a b 連載)覇者を超える(2) 朝日新聞デジタル 2014年07月05日掲載
  5. ^ 前橋育英にも2年生怪物!高橋光が江川超え9連続三振 スポニチ Sponichi Annex 2013年8月13日掲載
  6. ^ 第95回高校野球選手権 8月12日第1試合結果第95回高校野球選手権 8月16日第3試合結果第95回高校野球選手権 8月18日第3試合結果第95回高校野球選手権 8月19日第3試合結果第95回高校野球選手権 8月21日第1試合結果スポニチ Sponichi Annex
  7. ^ 第95回高校野球選手権 8月22日第1試合結果 スポニチ Sponichi Annex
  8. ^ a b 前橋育英 22年ぶり初出場V 高橋光「奇跡」体調不良も3失点完投 スポニチ Sponichi Annex 2013年8月23日掲載
  9. ^ 前橋育英・高橋光成が合流 目標は「世界一です スポニチ Sponichi Annex 2013年8月26日掲載
  10. ^ a b 光成散る…前橋育英、健大高崎に逆転負け「力不足です」/群馬 SANSPO.COM 2014年7月21日掲載
  11. ^ 日本代表に峯本、香月ら 部内いじめ発覚で済美・安楽は選ばれず スポニチ Sponichi Annex 2014年8月25日掲載
  12. ^ フィリピンにコールド発進の侍ジャパン18U侍ジャパン18U、劇的勝利で宿敵・韓国と決戦へ 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト
  13. ^ 2014年ドラフト会議 全指名選手 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2014年10月23日配信
  14. ^ 西武ドラ1光成が仮契約 将来侍になる! 日刊スポーツ 2014年11月20日 紙面から
  15. ^ 本日12/11「2014ドラフト新入団選手発表会」を開催! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2014年12月11日配信
  16. ^ 阪神 ドラ1候補に前橋育英・高橋光急浮上 スポニチ Sponichi Annex 2014年10月11日掲載
  17. ^ ソフトBドラ1候補に高橋光成が急浮上 日刊スポーツ 2014年10月13日紙面から
  18. ^ 広島スカウト会議 1位候補に有原、外れ1位高橋光も スポニチ Sponichi Annex 2014年9月29日掲載
  19. ^ 西武 1位指名は前橋育英・高橋 雄星以来の公言「彼しかいない」 スポニチ Sponichi Annex 2014年10月16日
  20. ^ 日本ハムが交渉権獲得 安楽は楽天 スポニチ Sponichi Annex 2014年10月23日掲載
  21. ^ 「野球太郎」 No.013 廣済堂出版 P86
  22. ^ 西武ドラ1右腕 登録名は異例のフルネーム「高橋光成」 スポニチ Sponichi Annex 2014年12月12日掲載
  23. ^ 高橋光、山川、石川3選手がユニバーシアード日本代表壮行試合「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」のNPB選抜メンバーに選出 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年4月28日配信
  24. ^ 侍J大学代表vsNPB選抜 メンバー発表 日本野球機構オフィシャルサイト 2015年4月28日掲載
  25. ^ 2015年度 侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜 試合結果 日本野球機構オフィシャルサイト
  26. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  27. ^ 西武ドラ1高橋光ほろ苦デビュー4回途中4失点KO 日刊スポーツ 2015年8月2日掲載
  28. ^ 2015年8月2日 埼玉西武 対 福岡ソフトバンク 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  29. ^ a b 西武高橋光がプロ初勝利 高卒ルーキー1番乗り 日刊スポーツ 2015年8月10日紙面から
  30. ^ 2015年8月9日 オリックス 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  31. ^ a b 西武高橋光、99年松坂以来の高卒新人4戦目完封 日刊スポーツ 2015年8月24日紙面から
  32. ^ 2015年8月23日 埼玉西武 対 千葉ロッテ 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  33. ^ a b 西武高橋光成4連勝8月パ1人だけ 月間MVPへ 日刊スポーツ 2015年9月1日紙面から
  34. ^ 2015年8月31日 楽天イーグルス 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  35. ^ 2015年8月度「日本生命月間MVP賞」受賞選手 (パシフィック・リーグ) 日本野球機構オフィシャルサイト
  36. ^ 高橋光成投手が8月度「日本生命月間MVP賞」初受賞!両リーグの最年少受賞記録を更新!! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年9月4日配信
  37. ^ 西武・高橋光成、史上最年少月間MVP 松坂超えの18歳6カ月 スポニチ Sponichi Annex 2015年9月4日掲載
  38. ^ 2015年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)2015年 表彰選手 イースタン・リーグ表彰 日本野球機構オフィシャルサイト
  39. ^ 球審からの球捕り損ね…西武・高橋光 右頬骨折 全治は不明 スポニチ Sponichi Annex 2016年3月21日
  40. ^ 右頬骨折の西武・高橋光 重傷ではなかった 早期復帰へ スポニチ Sponichi Annex 2016年3月24日掲載
  41. ^ 西武高橋光ベースふさぎコリジョン初適用で浅間生還 日刊スポーツ 2016年5月7日紙面から
  42. ^ 西武・高橋光 松坂、マー君級2年連続完封 高卒ルーキーから達成 スポニチ Sponichi Annex 2016年5月27日掲載
  43. ^ 2016年5月26日 埼玉西武 対 楽天イーグルス 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  44. ^ 2016年6月15日 広島 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  45. ^ 2016年度 パシフィック・リーグ 【暴投】 リーダーズ(投手部門) NPB.jp 日本野球機構
  46. ^ 西武高橋光成「雄星さんの道を」志願の豪州武者修行日刊スポーツ 2017年11月13日掲載
  47. ^ “西武ドラ1光成 上々公式戦デビュー!自己最速154キロも出た”. スポニチ Sponichi Annex. (2015年3月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/03/17/kiji/K20150317009999880.html 2015年3月17日閲覧。 
  48. ^ “西武光成、大谷に並んだ自己最速152キロ”. スポニチ Sponichi Annex. (2015年2月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/02/19/kiji/K20150219009832160.html 2015年2月21日閲覧。 
  49. ^ 昨夏覇者・前橋育英の高橋光をとらえた幼なじみ YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2014年07月21日掲載
  50. ^ 選手登場曲 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]