高橋修 (歴史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 修(たかはし おさむ、1964年8月1日[1] - )は、日本日本史学者。茨城大学教授。

略歴[編集]

埼玉県熊谷市生まれ。1987年立命館大学文学部卒。1990年神戸大学大学院博士後期課程文化学研究科地域文化論中退、2000年「中世武士団と地域社会」で文学博士。1990年和歌山県立博物館学芸員、2001年茨城大学助教授、2007年准教授教授[2]

著書[編集]

  • 『中世武士団と地域社会』清文堂出版 2000
  • 『図説 戦国合戦図屏風』監修・文 学研 2002
  • 『【異説】もう一つの川中島合戦 紀州本「川中島合戦図屏風」の発見』洋泉社 新書y、2007
  • 熊谷直実 中世武士の生き方』吉川弘文館 歴史文化ライブラリー 2014
  • 『信仰の中世武士団 湯浅一族と明恵』吉川弘文館、2016年
  • 『戦国合戦図屛風の歴史学』勉誠出版 2021年

編著[編集]

  • 『熊野水軍のさと 紀州安宅氏小山氏の遺産』編 清文堂出版 2009
  • 『実像の中世武士団 北関東のもののふたち』編 高志書院 2010
  • 『シリーズ・中世関東武士の研究 第16巻 常陸平氏』編著 戎光祥出版 2015
  • 佐竹一族の中世』編 高志書院 2017

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.325
  2. ^ 『熊谷直実』著者紹介