高橋亨 (海上自衛官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 亨
生誕 1946年
日本の旗 長崎県
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1961 - 2005
最終階級 海将
軍事評論家
神奈川県自衛隊家族会会長[1]
テンプレートを表示

高橋 亨(たかはし とおる、1946年(昭和21年)- )は、日本の元海上自衛官、軍事評論家

来歴[編集]

陸上自衛隊生徒から海上自衛隊一般幹部候補生に転じ、海上自衛官となった。 P-3Cの海上自衛隊への採用に際して心臓部であるA-NEWシステムのオペレーションプログラムの日本へのリリース[2]に関連して米国で研修を受けており、航空対潜戦の専門家である。

1999年航空集団司令部幕僚長(厚木)、2001年海上幕僚監部監察官(市ヶ谷)等を歴任し、2003年に海将として第29代航空集団司令官(厚木)を務めた。退官後は軍事評論家として、jbpressでコラム等を執筆している[3]

略歴[編集]

3月28日 退職
7月1日 三菱電機顧問に就任[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 現・海軍航空戦センター英語版(NAWC,Naval Air Warfare Center)
  2. ^ 第4航空群隷下 P-3Cのマザースコードロン

出典[編集]