高橋九郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 九郎(たかはし くろう、1851年1月4日嘉永3年12月17日[1]) - 1922年大正11年)9月21日[2])は、日本の政治家衆議院議員(2期)。

経歴[編集]

越後国三島郡宮川外新田(のち新潟県三島郡浦村来迎寺村越路町長岡市)出身[1]漢籍を学ぶ[2]。新潟県第十六区副長[1]学務委員[1]、道半村(のち浦村)、宮川外新田戸長、のち宮川外新田外十二ヶ村戸長[1]、三島郡所得税調査委員となる[1][2]。また、第六十九国立銀行取締役両毛鉄道(株)監査役、同取締役[2]、関原銀行、沼垂銀行、北越倉庫各(株)取締役、与板銀行監査役を務めた[1]

1894年3月の第3回衆議院議員総選挙において新潟5区から自由党公認で立候補して当選する[3]。同年9月の第4回衆議院議員総選挙は不出馬。1898年8月の第6回衆議院議員総選挙では憲政党公認で立候補して当選した[4]。衆議院議員を2期務め、1902年第7回衆議院議員総選挙は不出馬。1922年に死去した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 山崎謙編 『衆議院議員列伝』 衆議院議員列伝発行所、1901年、239頁。NDLJP:778032 
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』276頁。
  3. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』14頁。
  4. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』31頁。

参考文献[編集]

  • 『衆議院議員列伝』山崎謙編、衆議院議員列伝発行所、1901年。
  • 日本国政調査会編『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』国政出版室、1977年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。