高橋ひかる (2001年生)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「髙橋ひかる」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
たかはし ひかる
髙橋 ひかる
生年月日 (2001-09-22) 2001年9月22日(17歳)
出生地 日本の旗 日本 滋賀県
身長 165 cm[1]
血液型 O型
職業 女優ファッションモデル
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 2014年 -
事務所 オスカープロモーション
公式サイト オスカープロモーション プロフィール
主な作品
テレビドラマ
おんな城主 直虎
高嶺の花
俺のスカート、どこ行った?

映画
人生の約束

髙橋 ひかる(たかはし ひかる、2001年9月22日 - )は、日本女優ファッションモデル

滋賀県出身。オスカープロモーション所属。

経歴[編集]

2014年8月、第14回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞して、芸能界入りする[2][3][4][5][6][7][注 1]。同年12月、「2015オスカープロモーション晴れ着撮影会」に参加[8]

2015年2月、日本生活協同組合連合会(COOP)、代々木ゼミナールのCMに起用される[9]。同年4月、2016年公開予定の映画『人生の約束』で女優デビューすることが発表される(この役作りのため、髪をおよそ30cm切った)[10][11][12]。同年6月、大鵬薬品工業の「チオビタドリンク」のCMに起用されて話題となる[13]。同年8月、環境省の「ウォータープロジェクト」[14]のスペシャルサポーターに、9月には出身地である滋賀県の「しが広報部長」に、それぞれ任命される[15][16]。同年11月、オフィシャルブログ「きらきらぼし」を開設[17]2016年1月、女優デビュー作品となる『人生の約束』が公開される。

2017年2月、母親と共に上京[18][19]。同年5月、NHK大河ドラマおんな城主 直虎』でドラマデビュー(約200人のオーディションから選ばれた「高瀬」役で、5月14日放送の第19回から登場した)[19]。同年11月、第96回全国高校サッカー選手権大会の13代目応援マネージャーに起用される[20][21]

2018年は、3月31日に配信開始の『パフェちっく!』(亀山風呼役。フジテレビオンデマンド)でドラマ初主演[22]。同日に横浜アリーナで開催された「第26回東京ガールズコレクション 2018 SPRING / SUMMER」に出演し、ランウェイデビューになった[23]7月11日に放送開始の『高嶺の花』(日本テレビ)で民放ドラマデビュー[24][25]コスプレイヤーの役で話題になる[26]9月19日、幕張メッセで開催された「GirlsAward 2018 AUTUMN / WINTER」に出演。「Bershka」ステージに登場した[27]10月2日MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島で開催されたプロ野球・広島東洋カープ阪神タイガースの始球式を務めた[28][29]11月23日発売のファッション誌『Ray』(主婦の友社)2019年1月号より同誌の専属モデルに加入することが発表されて、初登場初表紙を飾った[30]

2019年は、4月クールで放送の『俺のスカート、どこ行った?』で、「おしゃれ番長」の女子生徒(川崎結衣役)として出演[31]。この作品を通して、「ネクストブレイク女優」の一人として名前が挙がるようになる[32][33]

活動・人物[編集]

活動について[編集]

憧れの女優として、剛力彩芽を挙げている[34]乃木坂46のメンバーである白石麻衣及び松村沙友理のファンであるという[35][36]。白石とは、2019年4月クールのテレビドラマ『俺のスカート、どこ行った?』で共演を果たした[37]

2015年に出演した「チオビタドリンク」(大鵬薬品工業)のCMが話題になったが、本人曰く、アイドル好きになったことがプラスに影響したとのことである[35]。「パッと弾けるような高校生らしい、表情豊かな笑顔」を心掛けたとのことである[35]。また、2017年11月のインタビューでは、「(自分も『乃木坂46』のように、写真1枚見ただけで元気をもらえるような『今日も頑張ろう』と思える存在(になることが目標です)」と述べている[35]

2014年に第14回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞したことは、自身の内面的にも大きな転機になったという。グランプリ受賞時以前は、引っ込み思案で自分に自信が持てずに、人前に立つのが苦手な子どもであったとのことだが、グランプリ受賞時にライトが自分だけにあたったときに「すごく気持ちいい」と感じたことで、自分に自信を持てるようになったとのことである[35]。2016年の自身の女優デビュー作品の映画『人生の約束』では、「早口である」「せっかち」という悪癖を持っていることに気付かされたという[38][39]

2018年7月クールのテレビドラマ『高嶺の花』では、コスプレイヤーの役を演じて話題になるが、本人曰く「すごく変わったキャラクターだったということもあって、見た人に私だと認識されなかったんです」とのことである[40]。また、2019年4月クールのテレビドラマ『俺のスカート、どこ行った?』では、「挑戦する勇気」を学んだという(このときに演じた「おしゃれ番長」の役は、「自分とは正反対の性格を持つ役」であったとも述べている)[39]

2019年5月のインタビューで、自信が考える役者の魅力について、「自分じゃない何かになれることです。普通に生きていたら人になりきることなんかない、そういう普通だったらおかしなことを、役者だからこそ真面目に突き詰めて、いろんな生き方ができるところがとても魅力だなって思います」と述べている[39]。またこのインタビューで、「存在感を出せる女優(になることが目標です)」とも述べている[39]

人物的特徴等[編集]

愛称は主に「ひかるん」など[5]。中学時代には、「生まれたての子鹿」のようなイメージとのことで「シカ」と呼ばれていたという[19]。姉がいて、また犬を2匹飼っているという(ミニチュアダックスのメスのチョコとチワワのオスのティアラ)(2014年7月現在)[41][42]

趣味は、音楽鑑賞[43]K-POPも好む[7])、ショッピング、運動すること(バスケットボール部に所属[43]。中学1年の秋に退部[44])、バレーボール観戦、食べ歩き[3]、料理[45]、好きなアーティストの動画鑑賞、メイク研究、美容関係の事全般、筋トレ吉本新喜劇鑑賞(好きな新喜劇俳優は辻本茂雄[46][17]、カメラ、ゲーム[47]。特にゲームは幼少時から大好きであるとのことであり、とりわけMMORPGが好きである[48]

特技は、ダンス[3]、「CMのイントロクイズ」[49]

活動に活かすため、演技力向上のための人間観察を日課としているという[50]

得意科目は、社会、美術。特に歴史が好きであるという。好きな歴史上の人物は織田信長伊達政宗[51]。小学校の時に図書館で戦国武将のビジュアル本にハマッたのがきっかけ[52]大河ドラマで、信長の正室の濃姫を演じることが目標であるとも述べている[19]

好きな本として、辻村深月『かがみの孤城』[注 2]住野よるまた、同じ夢を見ていた』、九井諒子ダンジョン飯[53]を挙げている。

好きな映画は、『ハリー・ポッターシリーズ』などのファンタジー映画[54]ホラー映画は好きだが(『パラノーマル・アクティビティ』など[52])、グロテスクなのは苦手[55]。『ハイスクール・ミュージカル』(2006年のテレビ映画)を挙げたこともある[56]。「恋愛系の映画」は、あまり見ない[57]。また、テレビアニメ『ソードアート・オンライン』のファンであり、テレビアニメは1期からずっと追いかけて見ているとのこと[58]

黒髪が特徴であり、2017年4月には、「黒髪美人大賞」(第2回)を受賞した[59]。その一方で、2015年に女優デビュー作品である映画『人生の約束』の役作りのためにおよそ30cm、2017年に全国高校サッカー選手権大会応援マネージャーの就任に際しておよそ20cm、それぞれ髪を切っている[10][20]。なお、芸能活動を始める前は、高校でサッカー部のマネージャーをすることが夢であったが、2017年の全国高校サッカー選手権大会応援マネージャーの就任で、事実上念願を叶えることとなった[20]

左利きである[60]。 高身長であることをコンプレックスとしており、「大きい」と言われることを快く思っていないとのことである[注 3][61][50]

遊園地の絶叫系の乗り物が苦手であるという[62]。きれい好きで、洗面台にあるタオルで顔を拭くのが嫌であるとのこと[63]。部屋はとてもシンプルで、必要最低限のものしか置いていないという[64]

出演[編集]

※役名の太字は主演作品。

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

ネットドラマ[編集]

映画[編集]

  • 人生の約束(2016年1月9日、東宝) - 渡辺瞳 役[10]
  • 劇場版「パラレルスクールDAYS」(2019年3月31日、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で上映)- 主演・二渡志乃莉[73]

CM[編集]

広告[編集]

  • JTB(2018年7月 - ) - イメージキャラクター。WEB PR大使。[90][91]

MV[編集]

ラジオ[編集]

ショー[編集]

出版[編集]

雑誌[編集]

デジタル写真集[編集]

  • 「ファンコレ」(ローソンのフォトプリントサービス)[96]
  • 『国民的美少女2014 -la beaute- (Part1・Part2)』

カレンダー[編集]

  • 高橋ひかる 2016年 カレンダー(2015年11月、ハゴロモ)[97]
  • 高橋ひかる 2017年 カレンダー(2016年11月、ハゴロモ)[98]
  • 高橋ひかる 2018年 カレンダー(2017年11月、ハゴロモ)[99]
  • 高橋ひかる 2019年 カレンダー(2018年9月、ハゴロモ)[100]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 応募者81031人、ファイナリスト21人の中からグランプリに輝いた。本選出場に先立ち、オスカープロモーションの公式SNSサイト「beamie」にて、7月7日公式ブログをスタートさせている。なお歌唱審査では、沢尻エリカの『タイヨウのうた』を歌唱した。
  2. ^ 翌年第15回本屋大賞を受賞。
  3. ^ 公式サイトのプロフィールでは165cmだが、2018年7月時点のインタビューによれば167cmになっている。「全日本国民的美少女コンテスト」からの4年間で7センチ伸びた。
  4. ^ 同年3月からフジテレビオンデマンドで配信[22]
  5. ^ 同年7月からフジテレビで地上波放送[68]

ユニットメンバー

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 髙橋 ひかるオフィシャルサイト プロフィール
  2. ^ “全日本国民的美少女コンテスト:グランプリは滋賀県出身の中1・高橋ひかるさん”. まんたんウェブ. (2014年8月5日). http://mantan-web.jp/2014/08/05/20140805dog00m200032000c.html 2015年4月2日閲覧。 
  3. ^ a b c “全日本国民的美少女コンテスト:グランプリの高橋ひかるさん「憧れは剛力彩芽」”. まんたんウェブ. (2014年8月6日). http://mantan-web.jp/2014/08/06/20140805dog00m200065000c.html 2015年4月2日閲覧。 
  4. ^ “国民的美少女 高橋ひかるさん「意地悪な役がやってみたい」”. Sponichi Annex. (2014年8月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/08/05/kiji/K20140805008693670.html 2015年4月3日閲覧。 
  5. ^ a b “「国民的美少女」高橋ひかるさん 目標は剛力「一緒に踊りたい」”. Sponichi Annex. (2014年8月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/08/06/kiji/K20140806008695780.html 2015年4月3日閲覧。 
  6. ^ “【動画】14代目『国民的美少女』は中学1年生の高橋ひかるさん8万1031人の頂点に”. ORICON STYLE. (2014年8月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2040626/full/ 2015年4月3日閲覧。 
  7. ^ a b 月刊De☆Viewオリコン・エンタテインメント)2015年3月号 99ページ
  8. ^ “高橋ひかる:目標はドラマデビュー 新年晴れ着インタビュー”. まんたんウェブ. (2015年1月2日). http://mantan-web.jp/2015/01/02/20141230dog00m200025000c.html 2015年4月2日閲覧。 
  9. ^ 髙橋ひかる 【現在放送中!】「日本生活協同組合連合会」(COOP)、「代々木ゼミナール」CM出演情報!”. オスカープロモーション. 2015年4月4日閲覧。
  10. ^ a b c “高橋ひかる:13歳の国民的美少女が映画初出演”. まんたんウェブ. (2015年4月1日). http://mantan-web.jp/2015/04/01/20150401dog00m200057000c.html 2015年4月1日閲覧。 
  11. ^ “国民的美少女高橋ひかる、銀幕で女優デビュー”. 日刊スポーツ. (2015年4月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1454988.html 2015年4月1日閲覧。 
  12. ^ “新・国民的美少女が映画デビュー! 竹野内豊&江口洋介と共演『人生の約束』”. cinemacafe.net. (2014年4月1日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/04/01/30330.html 2015年4月3日閲覧。 
  13. ^ 国民的美少女・高橋ひかるが『チオビタ』CMキャラに抜てき”. オリコンニュース (2015年6月1日). 2019年5月27日閲覧。
  14. ^ Water Projectサイト”. 環境省. 2015年8月1日閲覧。
  15. ^ 高橋ひかる、国民的美少女グランプリの目標「琵琶湖の水のように」”. SANSPO.COM (2015年8月1日). 2015年8月1日閲覧。
  16. ^ 国民的肉食?美少女 高橋ひかる「しが広報部長」就任、お薦めは…”. Sponichi Annex (2015年9月14日). 2015年9月14日閲覧。
  17. ^ a b 初めまして! 髙橋ひかるオフィシャルブログ「きらきらぼし」Powered by Ameba”. 株式会社サイバーエージェント (2015年11月9日). 2015年11月17日閲覧。
  18. ^ “高橋ひかる、滋賀おすすめ観光スポットはマイアミ浜”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年3月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1787421.html 2017年3月4日閲覧。 
  19. ^ a b c d “NHK大河デビューの高橋ひかるは信長LOVE、信長の正室役も「したい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年5月15日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170514-OHT1T50260.html 2017年5月15日閲覧。 
  20. ^ a b c “高橋ひかる「光栄」“若手女優の登竜門”高校サッカー13代目マネジャー決定”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年11月10日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171109-OHT1T50241.html 2017年11月10日閲覧。 
  21. ^ “高校サッカー応援マネジャーの高橋ひかる、今年を表す言葉は「学」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年11月19日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171119-OHT1T50111.html 2017年11月19日閲覧。 
  22. ^ a b c “高橋ひかる、ドラマ初主演決定 中尾暢樹らと「パフェちっく!」実写化”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年3月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1753213 2018年3月16日閲覧。 
  23. ^ a b “高橋ひかる:“国民的美少女”がTGCでランウエーデビュー モデル業も「もっと勉強したい」”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年4月1日). https://mantan-web.jp/article/20180401dog00m200000000c.html 2018年4月1日閲覧。 
  24. ^ a b ““国民的美少女”高橋ひかる、コスプレ少女役挑戦「作品を盛り上げて行きたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年6月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2114036/full/ 2018年6月22日閲覧。 
  25. ^ ““国民的美少女”高橋ひかるの“絶対領域”にドキッ!!<高嶺の花>”. ザテレビジョン. (2018年9月4日). https://thetv.jp/news/detail/160926/ 2018年10月3日閲覧。 
  26. ^ “コスプレちゃん”熱演の高橋ひかる 「友達からはコスプレが趣味なの?って聞かれます(笑)」”. ザテレビジョン (2018年9月22日). 2019年5月27日閲覧。
  27. ^ a b “「高嶺の花」コスプレ話題の高橋ひかる、スポーティーコーデも美麗に着こなす<GirlsAward 2018 A/W>”. モデルプレス. (2018年9月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1793079 2018年10月3日閲覧。 
  28. ^ “高橋ひかる“カープ色”真っ赤なミニスカで始球式 ノーバンならずもハツラツ”. ORICON NEWS. (2018年10月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2120713/full/ 2018年10月3日閲覧。 
  29. ^ “高橋ひかる、ミニスカで初始球式! ノーバンならずも「すがすがしい」”. マイナビニュース. (2018年10月3日). https://news.mynavi.jp/article/20181003-700701/ 2018年10月3日閲覧。 
  30. ^ a b “高橋ひかる「Ray」専属モデルに加入 いきなり表紙に抜てき「一つの大きな目標でもあった」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年11月19日). https://mdpr.jp/news/detail/1805043 2018年12月4日閲覧。 
  31. ^ 高橋ひかる、古田新太主演『俺のスカート、どこ行った?』出演 「“学生らしさ”を全面に」”. リアルサウンド (2019年3月23日). 2019年5月27日閲覧。
  32. ^ 【2019年4月期】今期ドラマのネクストブレイク女優は?「パーフェクトワールド」「俺のスカート、どこ行った?」「あなたの番です」など話題のドラマから注目の6人”. モデルプレス (2019年5月2日). 2019年5月27日閲覧。
  33. ^ 高橋ひかる『俺スカ』本格ブレイクが必至なワケ”. 日刊大衆 (2019年5月4日). 2019年5月27日閲覧。
  34. ^ 国民的美少女・高橋ひかる「剛力彩芽さん一筋」強い憧れを明かす”. モデルプレス (2015年10月13日). 2019年5月27日閲覧。
  35. ^ a b c d e 『BRODY』2017年12月号、108頁(高橋ひかるのインタビューページ)。
  36. ^ “高橋ひかる:“国民的美少女”の肩書「打ち破りたい」 大河出演で女優開眼…ナチュラルにこだわり」も”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年7月16日). http://mantan-web.jp/article/20170715dog00m200010000c.html 2017年7月16日閲覧。 
  37. ^ 高橋ひかる、乃木坂46・白石麻衣との『俺スカ』美女2ショット公開”. クランクイン (2019年4月30日). 2019年5月27日閲覧。
  38. ^ 高橋ひかるインタビュー『自然に笑えるようになってきました』”. ORICON STYLE (2016年1月7日). 2016年1月11日閲覧。
  39. ^ a b c d 高橋ひかるが語る、『俺スカ』が伝えるメッセージ 「挑戦する勇気を教わりました」”. リアルサウンド (2019年5月25日). 2019年5月27日閲覧。
  40. ^ “俺スカ”のおしゃれ美少女役も話題! 高橋ひかる「今まで以上に女優のお仕事を頑張る」<Interview>”. ザテレビジョン (2019年5月25日). 2019年5月27日閲覧。
  41. ^ 高橋ひかる (2014年7月16日). “髙橋 ひかる『⑅大好きなペット⑅』|オスカープロモーション公式SNS・オーディション”. オスカープロモーション. 2015年4月2日閲覧。
  42. ^ 高橋ひかる (2014年8月13日). “髙橋 ひかる『⑅改めて⑅』|オスカープロモーション公式SNS・オーディション”. オスカープロモーション. 2015年4月3日閲覧。
  43. ^ a b “高橋ひかる:「学芸会では脇役」 国民的美少女の素顔は普通の中学生”. まんたんウェブ. (2014年8月30日). http://mantan-web.jp/2014/08/30/20140830dog00m200027000c.html 2015年4月2日閲覧。 
  44. ^ 高橋ひかる (2014年9月19日). “髙橋 ひかる『⑅ ちいさな、ちいさな? ⑅』|オスカープロモーション公式SNS・オーディション”. オスカープロモーション. 2015年4月3日閲覧。
  45. ^ 髙橋ひかる カラオケで歌うのは乃木坂46”. TOKYO FM+ (2018年4月25日). 2018年4月26日閲覧。
  46. ^ “業界が注目 ミレニアル世代女優の一人、高橋ひかる”. NEWSポストセブン (小学館). (2017年5月20日). https://www.news-postseven.com/archives/20170520_557597.html?PAGE=1 2017年5月20日閲覧。 
  47. ^ “高橋ひかる、柴咲コウから大きな刺激 大河ドラマ「直虎」でドラマデビュー”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2017年5月20日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/05/20/0010204973.shtml 2017年5月20日閲覧。 
  48. ^ 高橋ひかる、意外なガチゲーマーっぷりに反響「いいね」”. ETALENTBANK (2018年11月15日). 2019年5月27日閲覧。
  49. ^ a b 髙橋ひかる リスナーに自己紹介 特技は「○○のイントロクイズ」”. TOKYO FM+ (2018年4月24日). 2018年4月24日閲覧。
  50. ^ a b “高橋ひかる 演技も身長も伸び盛り!あくなき向上心で日課は人間観察”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年7月13日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/13/kiji/20180712s00041000459000c.html 2018年7月13日閲覧。 
  51. ^ “国民的美少女・高橋ひかるは歴女!? 注目の若手女優の素顔に迫る”. 日刊SPA! (株式会社扶桑社). (2015年8月8日). http://nikkan-spa.jp/906800 2015年12月4日閲覧。 
  52. ^ a b 映画が好きです。Vol.23 髙橋ひかるさん(女優)”. BOOKSTAND映画部!. 博報堂ケトル / 博報堂. 2015年12月17日閲覧。
  53. ^ 髙橋ひかる「話題になる前の本を読みたいなと思っていて、これからヒットしそうなものはどれだろうか?っていう目線で探しています」【本讀乙女】”. otoCoto. ブックリスタ (2017年9月18日). 2017年12月7日閲覧。
  54. ^ 高橋ひかる (2014年12月8日). “髙橋 ひかる『⑅ ダンス ⑅』|オスカープロモーション公式SNS・オーディション”. オスカープロモーション. 2015年4月3日閲覧。
  55. ^ 高橋ひかる (2014年11月19日). “髙橋 ひかる『⑅嬉しい✧⑅』|オスカープロモーション公式SNS・オーディション”. オスカープロモーション. 2015年4月3日閲覧。
  56. ^ 高橋ひかる (2014年9月16日). “髙橋 ひかる『⑅感謝の気持ち⑅』|オスカープロモーション公式SNS・オーディション”. オスカープロモーション. 2015年4月3日閲覧。
  57. ^ 高橋ひかる (2014年12月1日). “髙橋 ひかる『⑅ 映画•~• ⑅』|オスカープロモーション公式SNS・オーディション”. オスカープロモーション. 2015年4月3日閲覧。
  58. ^ “【動画】高橋ひかる、高校サッカー応援マネージャー、コスプレ少女で活躍 SAOは「1期から追いかけてる」とアニメ愛熱弁 <新年晴れ着インタビュー>”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2019年1月3日). https://mantan-web.jp/movie/KxhIX2fBcgk.html 2019年1月5日閲覧。 
  59. ^ “川島海荷、“黒髪美人”高橋ひかるにうっとり”. JOSHI+ (oricon ME). (2017年4月19日). http://joshiplus.jp/beauty/news/2089423/full/ 2017年4月19日閲覧。 
  60. ^ 高橋ひかるちゃん初登校!”. School of Lock! (2018年4月23日). 2019年5月27日閲覧。
  61. ^ “高橋ひかる:身長にコンプレックス? 司会に訂正要求「大きいって言っちゃダメ」”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年7月11日). https://mantan-web.jp/article/20180711dog00m200034000c.html 2018年7月11日閲覧。 
  62. ^ 髙橋ひかる 究極の選択 お腹いっぱい食べるなら「パフェ or ラーメン」?”. TOKYO FM+ (2018年4月28日). 2018年4月28日閲覧。
  63. ^ “松本人志、おのののかをいじり倒す「また手つなぎデート?」「汚れてるで」”. マイナビニュース (株式会社 マイナビ). (2016年2月5日). http://news.mynavi.jp/news/2016/02/05/143/ 2016年2月6日閲覧。 
  64. ^ “美脚ショットも披露! 高橋ひかるの清楚グラビアにファン大興奮!”. ダ・ヴィンチニュース (KADOKAWA). (2018年4月1日). https://ddnavi.com/news/447238/a/ 2018年4月2日閲覧。 
  65. ^ 平成29年 大河ドラマ「おんな城主 直虎」新たな出演者発表!”. NHK (2016年7月12日). 2016年10月11日閲覧。
  66. ^ “高橋ひかる、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』クランクアップを報告「最高の経験」”. アメーバニュース (サイバーエージェント). (2017年9月26日). http://news.ameba.jp/entry/20170926-554/ 2017年9月26日閲覧。 
  67. ^ 文豪ファミリア 家族は見た!”. NHK. 2017年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月7日閲覧。
  68. ^ a b “高橋ひかる主演「パフェちっく!」地上波で放送!7月11日スタート”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年6月21日). https://www.cinematoday.jp/news/N0101675 2019年3月23日閲覧。 
  69. ^ “高橋ひかる:同世代が振り込め詐欺に関わる現実に「怖い」 Nスペで家出少女役”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2019年3月18日). https://mantan-web.jp/article/20190318dog00m200043000c.html 2019年3月23日閲覧。 
  70. ^ “ギャラクシー賞月間賞『詐欺の子』未公開シーン加えた特別編放送”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年5月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2135162/full/ 2019年5月9日閲覧。 
  71. ^ “高橋ひかる:「俺のスカート、どこ行った?」でおしゃれ番長の生徒役”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2019年3月23日). https://mantan-web.jp/article/20190322dog00m200074000c.html 2019年3月23日閲覧。 
  72. ^ “総再生回数3,000万回突破、昨年ティーンの間で話題沸騰となったYouTubeドラマが再び!Y!mobile放課後ドラマシリーズ第2弾「パラレルスクールDAYS」(#パラスク)” (プレスリリース), ソフトバンク, (2019年2月12日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000032584.html 2019年3月23日閲覧。 
  73. ^ “総再生回数1700万回超えで話題沸騰の放課後ドラマ「パラレルスクールDAYS」 全話の再編集を行い、さらに劇場版オリジナルのシーンを加えた劇場版「パラレルスクールDAYS」公開決定!” (プレスリリース), ソフトバンク, (2019年3月15日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000032584.html 2019年3月23日閲覧。 
  74. ^ 想いをかたちに CO・OP|生協(コープ)のCM”. 日本生活協同組合連合会. 2015年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月18日閲覧。
  75. ^ 生協(コープ)想いをかたちに CO・OP 「気づいたこと」篇 「おばあちゃん家」篇 高橋ひかる”. CM Watch (2015年2月14日). 2018年2月18日閲覧。
  76. ^ 高橋ひかる コープ(生協) 想いをかたちに 「おばあちゃんが来る」篇”. CM Watch (2015年10月4日). 2018年2月18日閲覧。
  77. ^ 代ゼミCM”. 代々木ゼミナール. 2015年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月18日閲覧。
  78. ^ 高橋ひかる お辞儀撮り直し50回”. デイリースポーツ online (2015年6月1日). 2015年6月1日閲覧。
  79. ^ 高橋ひかる (2015年10月1日). “髙橋 ひかる『⑅お知らせ⑅』|オスカープロモーション公式SNS・オーディション”. オスカープロモーション. 2015年10月11日閲覧。
  80. ^ a b “大鵬薬品工業 「チオビタ・ドリンク」新TVCM “家族の愛情”を描くドラマ風CM 大河ドラマ出演で話題の「国民的美少女」高橋ひかるが等身大の女子高生を熱演” (プレスリリース), 大鵬薬品工業, (2017年6月2日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000018929.html 2018年2月18日閲覧。 
  81. ^ a b “高橋ひかる、思春期の女子高校生役に「心苦しくて、一番難しかった」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年6月2日). https://thetv.jp/news/detail/110627/ 2017年6月2日閲覧。 
  82. ^ “クラッシュフィーバー、テレビCM第2弾を全国47都道府県にて8月27日より放送開始!” (プレスリリース), ワンダープラネット株式会社, (2016年8月22日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000062.000005880.html 2016年10月11日閲覧。 
  83. ^ “ノーリツ、「おふろ好き」を増加させる2つのキャンペーンを実施” (PDF) (プレスリリース), ノーリツ, (2017年4月4日), http://www.noritz.co.jp/library/news/2017files/20170404_19cz.pdf 2018年2月18日閲覧。 
  84. ^ “ノーリツ、高橋ひかるが出演するユニークなTVCM「この曲なんだっけ」OA!Youtubeでも動画公開”. ナビコン・ニュース (ナビコン株式会社). (2017年3月13日). http://navicon.jp/news/42098/ 2017年5月4日閲覧。 
  85. ^ “おふろといえば、あのメロディー!聞こえた瞬間、家族が笑顔に 「お風呂は人を幸せにする」の思いを伝える TV-CM『家族の真ん中に』篇を1月28日(月)から全国放映” (プレスリリース), ノーリツ, (2019年1月24日), https://www.noritz.co.jp/company/news/2019/20190124-003433.html 2019年2月11日閲覧。 
  86. ^ a b “高橋ひかる出演、“お風呂”を舞台にした仲良し父娘のホロッと泣ける物語に感動の声”. M-ON! MUSIC (エムオン・エンタテインメント). (2019年2月1日). https://www.m-on-music.jp/0000323173/ 2019年2月11日閲覧。 
  87. ^ 高橋ひかる ブルボン ルマンドアイス CM 登場篇 関東ver。「あなたに会うのを、ずっと待ってた」「この出会いは宇宙の…/高橋ひかるCM動画”. bb-navi (2018年2月12日). 2018年2月18日閲覧。
  88. ^ 「大丈夫?」篇”. JTEKT. 2018年8月14日閲覧。
  89. ^ “ジェイテクト、企業広告の新規制作と新キャンペーン開始” (プレスリリース), ジェイテクト, (2018年2月28日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000028729.html 2018年11月11日閲覧。 
  90. ^ “JTB、イメージキャラクターに髙橋ひかるさんを起用、WEB PR大使としてSNSで積極発信”. トラベルボイス (トラベルボイス株式会社). (2018年7月10日). https://www.travelvoice.jp/20180710-114136 2019年2月11日閲覧。 
  91. ^ “17歳高橋ひかる「おこがましい」入社式であいさつ”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年4月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201904010000508.html 2019年4月1日閲覧。 
  92. ^ リトグリ、代ゼミCM曲MVで高橋ひかるが滑走路ダッシュ”. 音楽ナタリー (2015年7月3日). 2015年7月3日閲覧。
  93. ^ “高橋ひかる:全国高校サッカー応援歌のMV出演 リトグリと中学生以来の共演”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年12月20日). https://mantan-web.jp/article/20171219dog00m200029000c.html 2017年12月29日閲覧。 
  94. ^ “高橋ひかる、ラジオ番組の初レギュラーが決定「憧れだった」”. マイナビニュース (マイナビ). (2018年3月29日). https://news.mynavi.jp/article/20180329-608449/ 2018年3月30日閲覧。 
  95. ^ “Rakuten GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER 第一弾情報解禁!ゲストにゆりやんレトリィバァが決定!藤田ニコル・滝沢カレンら豪華モデルも集結!non-noステージも決定!” (プレスリリース), 株式会社ガールズアワード, (2018年1月25日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000045.000010771.html 2018年4月2日閲覧。 
  96. ^ 商品一覧 -【ファンコレ】エンタテイメントプリントサービス
  97. ^ 高橋ひかる 2016年版カレンダー”. カレンダー総合情報サイト カレナビ. 株式会社ハゴロモ. 2016年1月18日閲覧。
  98. ^ ハゴロモ@カレンダースタッフ3姉妹の2016年10月19日のツイート2017年1月2日閲覧。
  99. ^ “高橋ひかる「攻めさせてもらった」高校生初カレンダー”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2017年11月19日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/11/19/0010745829.shtml 2017年11月19日閲覧。 
  100. ^ “高橋ひかる 17歳の誓い「制服着ることを大事に」”. デイリースポーツ. (2018年9月24日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/09/24/0011668680.shtml 2018年10月3日閲覧。 

外部リンク[編集]