高槻市立阿武野中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高槻市立阿武野中学校
国公私立 公立学校
設置者 高槻市
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 569-1141
大阪府高槻市氷室町五丁目7-1
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

高槻市立阿武野中学校(たかつきしりつ あぶのちゅうがっこう)は、大阪府高槻市氷室町五丁目にある公立中学校

高槻市の最西寄りに位置し、校区の一部は茨木市と隣接している。校区は南北に長く(約8kmに渡る)、北は関西大学総合情報学部付近から、南は国道171号線までと南北に広がっている。その中部を名神高速道路が横切っている。

高槻市で12番目に出来た中学校である。自転車通学は禁止。徒歩通学が原則だが、校区北部にあたる萩谷・月見台・霊仙寺からの通学者のみバス通学が認められている。

北部には萩谷地区があり、昔ながらの山村の様子を残している。校区やその周りには遺跡古墳が多く、地質観測所や摂津峡等の名所も存在する。

沿革[編集]

  • 1974年 - 創立。高槻市立第二中学校から分離。生徒数534名(14学級)
  • 1989年 - 阿武山中学校と分離。生徒数771名(18学級)
  • 1998年 - 高槻市教育センター研修委託『心の教育』
  • 1999年 - 高槻市教育委員会研究委託『総合的な学習』
  • 2005年 - 文部科学省研究委託『法教育』
  • 2007年 - 二学期制(前期・後期)実施
  • 2008年 - 高槻市教育センター調査研究委託学校教育推進モデル校『情報教育・情報モラル』

校区[編集]

卒業生[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]