高森駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高森駅
2016年3月
2016年3月
たかもり
Takamori
見晴台 (1.6km)
所在地 熊本県阿蘇郡高森町大字高森
所属事業者 南阿蘇鉄道
所属路線 高森線
キロ程 17.7km(立野起点)
電報略号 モリ
駅構造 地上駅
ホーム 単式1面1線
乗車人員
-統計年度-
222人/日(降車客含まず)
-2015年-
乗降人員
-統計年度-
442人/日
-2015年-
開業年月日 1928年(昭和3年)2月12日
テンプレートを表示

高森駅(たかもりえき)は、熊本県阿蘇郡高森町大字高森にある南阿蘇鉄道高森線で、同線の終着駅でもある。南阿蘇鉄道本社が設置されている。

概要[編集]

高森線は国鉄時代、高千穂線(後の高千穂鉄道高千穂線)と結ばれて九州横断鉄道の一部となる予定であったが、高森線開通時には高森 - 高千穂間の工事予定がまだ決まっておらず、駅は利便性を考えて町の中心部に造られた。九州横断鉄道全通時には、高森トンネル(現在高森町が運営する高森湧水トンネル公園)の入口付近に駅が移転する予定であったが、高森トンネルの出水事故や国鉄再建法成立などにより九州横断鉄道建設は中止となり、駅移転の話も立ち消えとなった(高森~高千穂間の詳細は高千穂鉄道高千穂線「未開業区間」の項を参照)。

駅構造[編集]

単式ホーム1線1面のほかに留置線も持つ地上駅で、列車の停泊もある。

高森線唯一の有人駅。出札窓口では、乗車券(自社線内および立野駅連絡でJR豊肥本線熊本駅までの連絡乗車券)、定期券回数券定期券、1日フリー乗車券、トロッコ列車「ゆうすげ号」の指定席券を発売している。

利用状況[編集]

年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員[1]
2011年 188[2] 377
2012年 165[3] 331
2013年 177[4] 356
2014年 195[5] 392
2015年 222[6] 442

駅周辺[編集]

バスのりば[編集]

駅前のりばに停車中の南阿蘇ゆるっとバス

歴史[編集]

隣の駅[編集]

南阿蘇鉄道
高森線
見晴台駅 - 高森駅

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国土数値情報(駅別乗降客数データ) - 国土交通省、2018年3月22日閲覧
  2. ^ [1] - 九州運輸要覧、2018年3月26日閲覧
  3. ^ [2] - 九州運輸要覧、2018年3月26日閲覧
  4. ^ [3] - 九州運輸要覧、2018年3月26日閲覧
  5. ^ [4] - 九州運輸要覧、2018年3月26日閲覧
  6. ^ [5] - 九州運輸要覧、2018年3月26日閲覧
  7. ^ “熊本地震、南阿蘇鉄道は運転再開の見通し立たず - 復旧義援金の口座を開設”. マイナビニュース. (2016年4月25日). http://news.mynavi.jp/news/2016/04/25/319/ 2016年7月21日閲覧。 
  8. ^ “南阿蘇鉄道中松~高森間、7/31運転再開! 熊本地震から復旧、トロッコ列車も”. マイナビニュース. (2016年7月21日). http://news.mynavi.jp/news/2016/07/21/443/ 2016年7月21日閲覧。 
  9. ^ “【熊本地震】南阿蘇鉄道が一部再開 被災から3カ月半ぶり”. 産経WEST. (2016年7月31日). http://www.sankei.com/west/news/160731/wst1607310025-n1.html 2016年8月1日閲覧。 

関連項目[編集]