高梨政高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
高梨政高
時代 室町時代中期 - 後期
生誕 応永25年(1418年
死没 応仁2年(1468年
官位 摂津刑部少輔
氏族 高梨氏
父母 父:高梨教秀[1]
泉政重正室、政盛
法往院(長尾能景正室)?

高梨 政高(たかなし まさたか)は、室町時代中期から後期にかけての武将

略歴[編集]

高梨氏信濃国中野小館[2]国人

応永25年(1418年)、高梨教秀の子として誕生。室町幕府8代将軍足利義政より偏諱を受けて政高と名乗る[3]長禄3年(1460年)7月、父・教秀が没したため当主となった。この頃の室町幕府は、信濃北半を越後守護上杉房定に兼任させ、信濃南半守護としては小笠原光康を任じた。当時の幕府は享徳の乱を起こした古河公方足利成氏と対立関係にあり、成氏と結んでいた高梨政高も討伐目標の一人であった。

寛正4(1463年)、幕府方は政高を討つため、上杉右馬頭(本名不詳)を大将として高梨領に攻め込ませた。政高率いる高梨軍はこれを高井郡高橋[4]で迎え撃った。高梨軍は寡兵にも拘らず勝利し、この際に右馬頭を討ちとったとも云われている。政高はこの戦で、上杉氏に味方した新野朝安大熊高家らの土豪の領地を手中にし、高梨氏の領土は広大になっていった。

また政高は京都文化の導入にも努め、公家三条西実隆から「古今伝授」や「伊勢物語」などを贈られ、返礼として高額の礼金を贈っている。応仁2年(1468年)、死去。

脚注[編集]

  1. ^ または教秀と政高の間に高梨泰盛を挟むという説もある。
  2. ^ 現在の長野県中野市
  3. ^ のちに子の政盛も同様に一字を賜い、父とされる教秀もかつて義政の父である6代将軍・義教から一字を賜っている
  4. ^ 中野市西条。

出典[編集]