高柳儀八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高柳 儀八
生誕 1891年4月17日
日本の旗 日本 佐賀県
死没 (1973-12-29) 1973年12月29日(満82歳没)
所属組織 日本海軍
軍歴 1914 - 1945
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

高柳 儀八(たかやなぎ のりはち[1]、または たかやなぎ ぎはち、1891年明治24年)4月17日 - 1973年昭和48年)12月29日)は、日本海軍軍人戦艦大和」第2代艦長。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

佐賀県出身。高柳米吉の息子として生れる。旧制佐賀中学卒を経て、1913年(大正2年)12月、海軍兵学校41期)を卒業。翌年12月、海軍少尉に任官。1920年(大正9年)11月、海軍砲術学校高等科を卒業。戦艦鹿島分隊長駆逐艦海風砲術長、砲術学校教官などを経て、1927年(昭和2年)11月、海軍大学校(甲種25期)を卒業した。

軽巡洋艦名取」・海防艦浅間」の各砲術長、呉海兵団、重巡洋艦那智」砲術長、第1艦隊連合艦隊参謀海軍省教育局員(第2課)などを歴任し、1936年(昭和11年)12月、海軍大佐に進級し横須賀鎮守府付となる。

1937年(昭和12年)4月、軽巡洋艦「龍田艦長に就任し、砲術学校教頭、重巡洋艦「鈴谷」・戦艦伊勢」の各艦長などを経て、1941年(昭和16年)9月、呉鎮守府付となる。同年11月、戦艦「大和」の第2代艦長に就任し太平洋戦争を迎えた。1943年(昭和18年)1月、第1艦隊参謀長に発令され、次いで海兵副校長兼教頭に就任した。1945年(昭和20年)5月、海軍中将に進み、同月、海軍省教育局長となる。終戦の詔勅発布後の1945年8月20日、自決した大西瀧治郎中将の後任として最後の軍令部次長に就任。同年10月、海軍省出仕となり、11月20日、予備役に編入された。後に公職追放となる[2]

親族[編集]

  • 長男 高柳義男(海軍中尉

脚注[編集]

  1. ^ 昭和17年12月17日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1015号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072088600 で閲覧可能。
  2. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年82頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。