高林克巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高林 克巳(たかばやし かつみ、1920年(大正9年)3月31日 - 2000年(平成12年))は、日本裁判官

経歴[編集]

鳥取県米子市博労町出身[1]

1943年(昭和18年)東京帝国大学法学部卒業[1]宮崎地方裁判所[1]東京地方裁判所裁判官を経て1957年(昭和32年)鹿児島地方裁判所裁判官[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新日本人物大観』(鳥取県版)1958年 タ…358頁。

著書[編集]

  • 『特許行政法 (周辺法律シリーズ(3))』 1984年
  • 『特許訴訟―その理論と実務 (単行本)』 1998年

参考文献[編集]

  • 『新日本人物大観』(鳥取県版) 人事調査通信社 1958年 タ…358頁

外部リンク[編集]