高木隆造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高木 隆造(たかぎ りゅうぞう、1948年 - )は労働経済学者。北海道出身。

略歴[編集]

  • 1968年早稲田大学教育学部入学。香月徹・高野猛(後の民主党綱領作成者)が創設した社会科学系サークル早大ML研や早大学生学術文化会議を打海文三・荒井一作とともに主催。
  • 1973年:東京の私立大学大学院入学。しかし主に早大・法大で研究活動。コムアカデミー批判から経済原論の労賃論を課題とした。「労働力の価値・価格の労賃への転形」論、「第6篇第17章の理論的地位」など。博士課程では現代資本主義論を専攻した。「高度経済成長分析」など、山田盛太郎南克己の理論の継承を目指し、労働経済論へとシフトした。

現在、労働研究会を主催。 同時に、欧州労働運動研究会委員。

著書[編集]

  • 「日本における職場の小集団」(共著)日本評論社
  • 「現代経営管理分析の一前提」(共著)日本評論社
  • 「戦後高度成長と労働市場」創造社
  • 「崩壊する社会・流動化日本」労働研究 2009年6月号
  • 「知性の没落と高等教育機関」労働研究 2010年2月号
  • 「ヨーロッパ労働市場の現状」「社会と労働」6号