高木益太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高木益太郎

高木 益太郎[1](たかぎ ますたろう、1869年3月7日明治2年1月25日[2] - 1929年昭和4年)12月11日[3])は日本の政治家衆議院議員(当選6回)[4][5]弁護士[6][7]、実業家。法律新聞社長[8][9]尾西鉄道社長[2][5]法政大学総務部長[5]、同大理事。従五位勲三等[4]。族籍は東京府平民[2]

略歴[編集]

1869年1月25日、東京日本橋に生まれる[1]。高木益喜の長男[2][9]1887年東京法学校(現法政大学)を卒業[10]。代言人試験に合格し、代言事務所を開く[9]1900年、『法律新聞』を創刊する。1908年第10回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。立憲国民党[8]立憲民政党[3]に所属。尾西鉄道社長、遠州電気、木曽川物産各取締役、東華生命保険監査役を務める[5]1929年、死去。61歳。

人物[編集]

高木は代言人試験に及第したが、直ちに開業せず、一介の書生として帝国大学に通学し、余暇あれば路傍に立って法律演説を為し、法律思想の普及伝播に尽くした[9]

創刊した『法律新聞』は、下級審の裁判例を広く収載し、法律の普及と立法の資料として役立てることを目的としている。

大審院判決についても「判決録」「判例集」に登載されないものも全文掲載され、法曹界の動向や外国の立法状況なども報道しており、明治・大正期の法曹界、社会状況を示す貴重な資料となっている。

高木没後は娘婿の弁護士岡崎源一が継承し、1944年8月4922号をもって終刊となった。

高木の人柄は『日本弁護士総覧 第2巻』では「頗る侠気に富みて気骨稜々である[7]」、『大正人名辞典』では「江戸子中の任侠児[8]」と紹介されている。住所は東京日本橋本銀町四丁目[2][6]、芝三田功運町[5]

家族・親族[編集]

高木家

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『東京名古屋現代人物誌』239 - 243頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年2月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『人事興信録 第4版』た95頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年2月22日閲覧。
  3. ^ a b 高木 益太郎とはコトバンク。2020年2月26日閲覧。
  4. ^ a b 『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』160頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年2月26日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 『人事興信録 第8版』タ94頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年2月22日閲覧。
  6. ^ a b c 『日本紳士録 第7版』東京たの部310頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年2月22日閲覧。
  7. ^ a b 『日本弁護士総覧 第2巻』高木益太郎君(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年2月22日閲覧。
  8. ^ a b c 『大正人名辞典』1003頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年2月25日閲覧。
  9. ^ a b c d 『大正名家録』タの部59頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年2月25日閲覧。
  10. ^ 『法政大学校友名鑑』年度別卒業生名簿1頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年2月22日閲覧。
  11. ^ a b 『人事興信録 第13版 下』タ95頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年2月22日閲覧。
  12. ^ 『人事興信録 第15版 上』オ51頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年2月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • 交詢社編『日本紳士録 第7版』交詢社、1901年。
  • 浅田好三編『日本弁護士総覧 第2巻』東京法曹会、1911年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 原田道寛編『大正名家録』二六社編纂局、1915年。
  • 長江銈太郎『東京名古屋現代人物誌』柳城書院、1916年。
  • 東洋新報社編『大正人名辞典』東洋新報社、1917年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』衆議院事務局、1936年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。
  • 法政大学校友名鑑刊行会編『法政大学校友名鑑』法政大学校友名鑑刊行会、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 上』人事興信所、1948年。
  • 『日本人名大辞典』(講談社)。
  • 『法律新聞』(不二出版)。