高木正府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高木 正府(たかぎ まさもと/まさくら、元禄9年(1696年) - 享保4年10月5日1719年11月16日))は、河内丹南藩の世嗣。

第6代藩主・高木正陳の長男。母は本多正永の娘。正室は内藤清枚の娘。官位は従五位下、播磨守。

丹南藩嫡子として生まれ、宝永5年(1708年徳川綱吉に拝謁。正徳元年(1711年)叙任するが、家督相続前の享保4年(1719年)に24歳で早世した。代わって、従弟にあたる正恒が養子に迎えられ嫡子となった。