高木敏雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高木 敏雄(たかぎ としお、1876年5月 - 1922年12月18日)は、日本の神話学者、民俗学者、ドイツ文学者。

熊本県生まれ。1900年東京帝国大学文学部独文科卒業、第五高等学校教授、1912年東京高等師範学校教授、愛媛師範学校教授、1922年大阪外国語大学教授。1913-14年柳田国男と共に『郷土研究』を編集。欧米 (特にドイツ) の方法によった神話・伝説研究の体系化を試み、先駆的業績を残した[1]

著書[編集]

  • 『比較神話学』博文館 帝国百科全書 1904
  • 『日本神話物語』服部書店 1911
  • 『新イソップ物語 世界動物譚話』宝文館 1912
  • 『日本建国神話』宝文館 1912
  • 『修身教授童話の研究と其資料』東京宝文館 1913
  • 『日本伝説集 附・分類目次解説索引』郷土研究社 1913
  • 『大正新イソップ』実業之日本社 1914
  • 『童話の研究』婦人文庫刊行会 家庭文庫 1916 講談社学術文庫、1977
  • 『新日本教育昔噺』敬文館 1917
  • 『家庭教訓童話』科外教育叢書刊行会 科外教育叢書 1918
  • 『日本神話伝説の研究』岡書院 1925
  • 『人身御供論』編集: 山田野理夫 宝文館出版 1973

共著[編集]

翻訳[編集]

  • ゲーテ『伊太利紀行』隆文館 1914

脚注[編集]

外部リンク[編集]