高木勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高木 勝(たかぎ まさる、1945年7月16日 - 2011年6月26日[1])は、日本の経済学者経済評論家明治大学政治経済学部教授(日本経済論、金融論)。

略歴[編集]

神奈川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、富士銀行に入行。富士銀行調査部員、富士総合研究所経済調査部長などを経て、1998年より明治大学政治経済学部教授。

2011年6月26日、肺がんのため死去。65歳没[1]

著書[編集]

  • 九勝六敗の日本経済――繁栄のために捨てる数字ゆずれない数字(光文社、1992年)
  • 日本経済は復活する――1997-2000年の成長軌道(ダイヤモンド社、1994年)
  • 日本経済次の一手(実業之日本社、1998年)
  • 入門・景気の見方――「手づくり分析」で先を読む(PHP新書、1999年)
  • 高木勝教授の経済情報活用術(生活情報センター、2004年)
  • アメリカ一国支配の終焉(講談社+α新書、2005年)
共著
  • 「日本の時代」は再び来るか(嶌信彦・高木勝共著、時事通信社、1994年)
監修
  • パッと頭に入る金融(実業之日本社、1998年)
  • パッと頭に入る経済常識(実業之日本社、1998年)
  • パッと頭に入る世界経済常識(実業之日本社、1998年)
  • パッと頭に入る銀行・証券・保険常識(実業之日本社、1998年)
  • 金融・経済用語300――これだけは知っておきたい(実業之日本社、2000年)
  • パッと頭に入る経済(実業之日本社、2001年)
  • 図解人口減少日本――経済・金融・社会はこうなる!(実業之日本社、2006年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 訃報:高木勝さん 65歳=経済評論家 毎日新聞 2011年6月27日閲覧