高木優奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TransparentPlaceholder.svg 高木 優奈 Golf pictogram.svg
Yuna TAKAGI
基本情報
名前 高木 優奈
生年月日 (1998-05-13) 1998年5月13日(24歳)
身長 156 cm (5 ft 1 in)
体重 58 kg (128 lb)
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県
経歴
プロ転向 2017年=(JLPGA非会員)
LPGAメジャー選手権最高成績
全米女子OP 69位(2022)
成績
ベストスコア  64
2022年6月10日現在
テンプレートを表示

高木 優奈[1](たかぎ ゆうな、1998年5月13日 - )は、神奈川県小田原市出身[2]の日本の女子ゴルファーである。所属はフリー

父の影響により11歳でゴルフを始める[3]

アマチュア時代[編集]

小学生時代に体操競技を始めるが手首の故障により体操を断念。すぐに三觜喜一に師事している[4]

ジュニア時代の主な成績として2013年「神奈川県アマチュアゴルフ選手権」(女子の部)優勝がある、これは中学生として史上2人目の出来事であった[5]

中学生・高校生時代は陸上競技部に所属、ゴルフの練習は三觜の元で行っていた[6]

高校生時代の2016年に「Tポイントレディスゴルフトーナメント」(大会名は当時)において日本女子プロゴルフ協会(LPGA)ツアーにアマチュアとして初出場(予選落ち)[7]相洋中学校・高等学校卒業。

高校卒業後の2017年にLPGA最終プロテストに進出し53位タイ(不合格)[8]、同年アマチュア資格を返上しプロ転向する。[6][1]

グランフィールズカントリークラブと所属契約を結ぶ。

プロ転向後[編集]

クォリファイングトーナメント(以下QT)に挑戦するが、セカンドQTのB地区72位でサード以降に進めなかった[9]

2018年もLPGA最終プロテストに進出し79位タイ(不合格)[10]、同年ファイナルQTに進出し92位(QTランキングとしては90位[11])翌シーズンからステップ・アップ・ツアーを中心にツアー競技に参加できる事になった[12]

2019年3月「Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント」においてLPGAツアーにプロとして初出場(予選落ち)[13]。同年シーズン前半時点でTP単年登録者である[1]。同年7月ステップ・アップ・ツアー「ANA PRINCESS CUP」において、下部ツアーながらプロ初優勝を果たす[14]

2020−21年 19年にステップ・アップ・ツアー優勝の権利と賞金ランキング70位以内の特例処置で得たツアー予選会(QT)で43位に入り、今季はTP単年登録という形で戦う事になった。

TOTOジャパンクラシックを欠場し、プロテストを受験。しかし、またもや不合格に。

大王製紙エリエールレディスオープンは21日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)で最終ラウンド(R)が行わ1バーディー、2ボギーの72で回り、通算3オーバーの52位。来季シード権獲得はならなかった。

 結果、シードが獲れず、テストも受からず、本当に二兎を追う者は一兎をも得ずとなった。

次年度試合出場やQT出場権を維持するには「JLPGA正会員」にならなければならない。11月の最終プロテストを不合格になったため、正会員入りには賞金ランクかメルセデスランクで50位以内に入って来季シード権を獲得するか、ツアー優勝するしかない状況だった。

グランフィールズカントリークラブから所属契約解除でフリーとなった。

アマチュア資格を返上しプロ宣言した選手がプロテストを幾度か不合格となるとプロと呼ぶのか?の議論がしばし起こる事となる。 プロテスト浪人を余儀なくされ自称プロを続けることとなった。

2022年ヤマハスポーツと用具契約を結ぶ。

ロレックスランキング300位以内の選手が推薦で出場権を得る臨時登録者(シーズン4試合まで)でヤマハレディースオープン葛城に出場し29位タイが最高位、 他の2試合は予選落ちし、その後300位以上になり残る1試合は出場出来て居ない。

6月2日に開催される全米女子オープンの日本地区予選会に出場し1日36ホール(18Hx2)し上位5名に入り出場権を獲得した。

本戦の【パインニードルズ・ロッジ&GC 6638ヤード パー71 (6月2日〜5日)】に自身海外メジャー初出場で、2日目68をマークするなど予選ラウンドは通過したが、決勝ラウンドではスコアを大きく落とす結果となった。 74−68−78−84 トータル19オーバー69位で4日間を終えた。      大会後インタビュー

 決勝ラウンドに進まなければ、この難しさを実感することはできなかったと思います。決勝ラウンドに向けてコースが豹変するメジャーのセッティングを実感できたのは大きな収穫でした。

6月7日付けのロレックスランキングで296まで上がりツアーに1試合推薦出場する権利が発生した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 髙木 優奈 プロフィール詳細|LPGA|日本女子プロゴルフ協会”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年5月11日閲覧。
  2. ^ 高木優奈、浜田茉優ら計6人が選手権獲得・全米女子オープン選手権日本地区予選”. デイリースポーツ online (2022年4月26日). 2022年4月27日閲覧。
  3. ^ 体操から転身!優奈、“日本一”へ翔びます(2ページ目)”. サンケイスポーツ (2014年10月28日). 2019年5月11日閲覧。
  4. ^ 『セカンドQT高木優奈の挑戦』”. 三觜喜一プロのゴルフレッスンブログ. Ameba (2017年11月6日). 2019年5月11日閲覧。
  5. ^ ゴルフ県アマ 高木さん(相洋中3年)が優勝 中学生Vは史上2人目”. タウンニュース (2013年7月5日). 2019年5月11日閲覧。
  6. ^ a b ゴルフへ華麗なる転身”. タウンニュース (2012年5月19日). 2019年5月11日閲覧。
  7. ^ 【2016】Tポイントレディス ゴルフトーナメント ペアリング|LPGA|日本女子プロゴルフ協会”. 日本女子プロゴルフ協会 (2016年3月18日). 2019年5月11日閲覧。
  8. ^ 【2017】LPGA 最終プロテスト フルリーダーボード|LPGA|日本女子プロゴルフ協会” (日本語). 一般社団法人日本女子プロゴルフ協会. 2019年5月11日閲覧。
  9. ^ 【2017】セカンドクォリファイングトーナメント B地区 フルリーダーボード”. 日本女子プロゴルフ協会 (2017年11月2日). 2019年5月11日閲覧。
  10. ^ 【2018】LPGA 最終プロテスト フルリーダーボード”. 日本女子プロゴルフ協会 (2018年7月27日). 2019年5月11日閲覧。
  11. ^ QTランキング”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年5月11日閲覧。
  12. ^ 【2018】ファイナルクォリファイングトーナメント フルリーダーボード”. 日本女子プロゴルフ協会 (2018年11月30日). 2019年5月11日閲覧。
  13. ^ 髙木 優奈 年度別大会成績2019”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年5月11日閲覧。
  14. ^ 【2019】ANA PRINCESS CUP”. 日本女子プロゴルフ協会 (2019年7月26日). 2019年7月26日閲覧。

外部リンク[編集]

高木優奈日本女子プロゴルフ協会のプロフィール)

  • YUNA TAKAGI - 女子ゴルフロレックス世界ランキング (英語)