高月ことば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高月 ことば
Kotoba Takatsuki
出生名 高月 辞
別名 坂口ふみ緒
生誕 1921年
出身地 日本の旗 日本 愛媛県宇和島市
死没 2006年10月18日
ジャンル 歌謡曲
職業 作詞家
活動期間 1955年 - 2006年
レーベル 東芝レコード
テイチクレコード
清水みのる

高月 ことば(たかつき ことば、1921年 - 2006年10月18日)は、日本の作詞家である。本名は-(-ことば)。渡哲也の『東京流れ者』(1965年)や、白根一男の『はたちの詩集』(1961年)、木立じゅんの『484のブルース』(1968年、補作詞)で知られる。

人物・来歴[編集]

1921年(大正10年)、愛媛県宇和島市に生まれる[1][2]

1955年(昭和30年)、作詞家の清水みのるに師事する[2]。その後、東芝レコードに「専属作詞家第1号」として入社し[2]、その後、テイチクレコードを経て[2]、フリーランスの作詞家となった。

日本音楽著作権協会(JASRAC)、日本作詩家協会で、それぞれ評議員を務めた[2]

2006年(平成18年)10月18日、18時30分、胃がんのため岡山県倉敷市の病院で死去、84歳没[1]。晩年は同県玉野市に在住していた[1]

おもなディスコグラフィ[編集]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ a b c 共同通信の訃報記事「高月ことば氏死去 作詞家」(2006年10月22日)の記述を参照。
  2. ^ a b c d e 讀賣新聞の訃報記事「高月ことば氏死去」(2006年10月23日付)の記述を参照。

外部リンク[編集]