高昇泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高昇泰
大中
初王
王朝 大中
在位期間 1094年 - 1095年
姓・諱 高昇泰
諡号 富有聖徳表正皇帝
生年 不詳
没年 1095年
高智昇
年号 上治 : 1095年

高昇泰(こうしょうたい)は大中国の唯一の王。

岳侯高方の末裔で、大理の点蒼山蓮花峰のふもと芒湧溪の出身とされる。1080年、大理国王段廉義が楊義貞に殺害されたとき、高昇泰は清平官の位にあり、父の高智昇の命を受けて、東方の兵を率いて楊義貞を攻め滅ぼし、段廉義の甥の段寿輝を大理国王に立てた。1081年、鄯闡侯に封ぜられた。1094年、大理国王段正明に王位を譲らせて即位し、国号を大中国と改めた。1095年上治と改元した。同年のうちに病に倒れ、段正明の弟の段正淳に王位を返還するように遺言して世を去った。段氏が復国した後の大理国は後大理国と号し、代々高氏を宰相とした。国人は高国主と称し、段氏の王位の実態は高氏の傀儡であった。

先代:
(大理国保定帝
大中国の皇帝
初代:1094年-1095年
次代:
(大理国文安帝