高敞、和順、江華の支石墓群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯34度58分0.012秒 東経126度55分45.012秒 / 北緯34.96667000度 東経126.92917000度 / 34.96667000; 126.92917000

世界遺産 高敞、和順、江華の
支石墓群
大韓民国
江華島の支石墓
江華島の支石墓
英名 Gochang, Hwasun, and Ganghwa Dolmen Sites
仏名 Sites de dolmens de Gochang, Hwasun et Ganghwa
登録区分 文化遺産
登録基準 (3)
登録年 2000年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
高敞、和順、江華の支石墓群の位置
使用方法表示
高敞、和順、江華の支石墓群
各種表記
ハングル 고창 화순 강화 고인돌 유적
漢字 高敞和順江華고인돌遺跡
発音 コチャン ファスン カンファ コインドル ユジョク
英語表記: Gochang Hwasun Ganghwa Goindol Yujeok
テンプレートを表示

高敞、和順、江華の支石墓群(コチャン、ファスン、カンファのしせきぼぐん、고인돌 유적、コインドルユジョク)は、大韓民国西部地域に散在するユネスコ世界遺産(文化遺産)。

概要[編集]

支石墓: 고인돌、コインドル)は、紀元前1000年から紀元前100年にかけて、大きな石で造られた墓のことである。支石墓には、足の長い石柱に石を載せテーブル状に石を組んだ「北方式」と短い石柱に石を載せた碁盤状に石を組んだ「南方式」の2種類がある。

世界的に見て、支石墓は欧州のイギリスやフランスがひとつの中心で、南インド、東南アジア、中国沿海部にも存在するが、朝鮮半島が世界で最も支石墓の数が多い。

高敞の支石墓群[編集]

全羅北道高敞郡高敞邑・雅山面にある支石墓群。約1,764メートルの範囲に442基の支石墓が群集する。韓国最大の支石墓密集地域である。北方式と南方式が混在する。

和順の支石墓群[編集]

光州広域市の南、全羅南道和順郡道谷面・春陽面にある支石墓群。10キロにわたり約500基の支石墓が分布する。最近発見され、保存状態が良い。南方式。

江華の支石墓群[編集]

仁川広域市江華郡江華島)河岾面・内可面の支石墓群。約120余基が広い範囲に散在する。北方式。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]