高崎玉村スマートインターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高崎玉村スマートインターチェンジ
Kan-etsu Expressway Takasaki-Tamamura Smart Interchange.jpg
下り線出口
所属路線 E17 関越自動車道
IC番号 9-1
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0354.svg 高崎玉村
起点からの距離 82.7 km(練馬IC起点)
藤岡JCT (4.1 km)
(1.9 km) 高崎JCT
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0354.svg 国道354号東毛広域幹線道路
供用開始日 2014年平成26年)2月22日
通行台数 x台/日
スマートIC 24時間
所在地 370-0027
群馬県高崎市上滝町(下り線)
370-0025
群馬県高崎市下斎田町及び玉村町上新田(上り線)
高崎玉村スマートインターチェンジの位置(群馬県内)
高崎玉村スマートインターチェンジ
テンプレートを表示

高崎玉村スマートインターチェンジ(たかさきたまむらスマートインターチェンジ)は、群馬県高崎市にある関越自動車道スマートインターチェンジ (SIC) である(本線直結型)。

全車種が、24時間利用可能[1]

接続道路[編集]

歴史[編集]

  • 2011年平成23年)8月18日:着工[2]
  • 2014年(平成26年)2月22日:完成・供用開始[1]
  • 2017年(平成29年)5月27日国土交通省の社会実験事業として、高速道路一時退出実験の試行開始[3]ETC2.0搭載車に限定して、当スマートICで流出し、隣接する道の駅玉村宿に立ち寄り後、1時間以内に当スマートICから再流入して順方向に利用の場合、目的地まで高速道路を降りずに利用した場合と同じ料金に調整される。)。
  • 2020年令和2年)3月27日:高速道路一時退出実験の退出可能時間がそれまでの1時間以内から3時間以内に引き上げられる[4]

周辺[編集]

[編集]

E17 関越自動車道
(8) 本庄児玉IC - (8-1) 上里SA/SIC - (9) 藤岡JCT - (9-1) 高崎玉村SIC - (9-2) 高崎JCT - (10) 高崎IC

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 関越自動車道 高崎玉村スマートICが来年2月22日(土)15時にオープンします”. 東日本高速道路株式会社関東支社、高崎市、玉村町 (2013年12月17日). 2013年12月17日閲覧。
  2. ^ これまでの取り組み状況 - 高崎市
  3. ^ 5月27日実験開始 「道の駅」が高速道路の立寄り施設に 〜 高崎玉村スマートIC ⇔ 道の駅「玉村宿」 〜 (PDF)”. 国土交通省関東地方整備局・東日本高速道路株式会社 (2017年4月28日). 2020年5月3日閲覧。
  4. ^ 高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」の実施について (PDF)”. 国土交通省道路局 (2020年3月13日). 2020年5月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]