高崎市立短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高崎市立短期大学
大学設置/創立 1952年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 公立
本部所在地 群馬県高崎市高松町1番地[1]
学部 商経科
テンプレートを表示

高崎市立短期大学(たかさきしりつたんきだいがく、英語: Takasaki City Junior College[2])は、群馬県高崎市高松町1番地[1]に本部を置いていた日本公立大学である。1952年に設置。学生募集は1956年度まで、1958年廃止。現在は高崎経済大学となっている

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 高崎市立短期大学は高崎市により1952年に設置された日本公立短期大学。設置学科は1つのみとなっていた。四年制大学設置の準備段階として暫定的に置かれる形となった。

学風および特色[編集]

  • 高崎市立短期大学は、当時としてはユニークな昼夜開講制となっていた(但し、表示上は「商経科」のみ)
  • 日中、教員や公務員などの仕事をしながら学ぶ学生も多かった[3]

沿革[編集]

  • 1952年 高崎市立短期大学開学[4]。商経科を置く。
  • 1956年度をもって学生募集を終了。以後、高崎経済大学へ移行。
  • 1958年 廃止。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 群馬県高崎市高松町[1]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

学生数[編集]

附属機関[編集]

  • 図書館[8]
  • 産業研究所[8]
  • 職業教育研究所[8]

研究[編集]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 高崎市立短期大学の学園祭は、開学した年の1952年秋にスタートした。夜間学生との交流が進められる数少ない機会となっていた[3]

スポーツ[編集]

  • バレーボールというスポーツが強く天皇杯全日本バレーボール大会において2年連続優勝という活躍をみせていた[3][10]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 高崎市立短期大学自治会:1952年6月発足[3]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • キャンパスは、老朽化した兵舎を改築したものとなっていた。そのため、設置当初は設備面・備品などにおいて問題点が多かったようである[11]

学生食堂[編集]

  • 食堂部あり[8]

短期大学から大学移行に関して[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 現在の群馬県高崎市上並榎町1300にあたる
  2. ^ http://ci.nii.ac.jp/naid/110001245254より
  3. ^ a b c d 『高崎経済大学五十年史』12頁より
  4. ^ 『高崎経済大学五十年史』3頁において、構想時には短大名称の候補として市立高崎商業短期大学も挙げられていた。
  5. ^ 入学定員は200名となっていた。
  6. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧 1955年度版』(文部省大学学術局編)47頁
  7. ^ a b 昭和30年度版『全国学校総覧』1370頁より。
  8. ^ a b c d e 『高崎経済大学五十年史』8頁より
  9. ^ 『高崎経済大学五十年史』12~13頁
  10. ^ 『高崎経済大学五十年史』18~19頁も参照。
  11. ^ 『高崎経済大学五十年史』9頁より
  12. ^ 1979年度版以前は『短期大学一覧』

関連項目[編集]