高崎保浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高崎保浩(たかさき やすひろ、1982年6月2日 - )は、兵庫県出身のレーシングドライバー。 高い開発能力と、「手のつけられないスピード」が武器。趣味はトレーニング。身長168cm、体重60kg。血液型はA型。star5代表

来歴[編集]

  • 1994年 - カートレースでデビュー
  • 1998年 - 全日本カート選手権に参戦し、参戦初年度ながら西日本ランキング1位・全国2位のランキングを獲得。同年に鈴鹿サーキットで開催されたFMK/FIAワールドカップ ShowaShellカップレースではFAクラス参戦。現F1世界チャンピオンである、フェルナンド・アロンソ選手を抑えてタイムトライアルでトップタイムを記録(決勝レースは大雨の為中止)。同年に開催された、ユニコ エルフF1チャレンジスカラシップセレクションレースに参加、第4期生として選出される。
  • 1999年 - 単身渡仏。奨学生としてフォーミュラルノーキャンパスに参戦(最高位は2位)。
  • 2000年 - 帰国後、本田技研の若手育成カテゴリーである「無限フォーミュラチャレンジ」に参戦。6戦3勝を挙げシリーズチャンピオン獲得。本田若手育成プログラム選手の一員に選出。
  • 2001年 - スカラシップ生として鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS-F)に入校。首席で卒業しスカラシップを獲得。
  • 2002年 - フォーミュラドリーム(#13 SRS-FスカラシップFD)(2004年までの3年間)。
  • 2004年 - シリーズチャンピオン獲得。翌年F3参戦へのスカラシップを獲得。
  • 2005年 - 名門戸田レーシングより全日本F3に参戦。開幕前のテスト走行より好タイムを記録。時折見せつける「手のつけられないスピード」が関係の注目を浴びる。しかし、そんな健闘も決勝レースでの結果に繋がらないシーズンを過ごす。シリーズ中盤には大きなクラッシュを経験する事になるが、どんな状況でも最後まで諦めない持ち前の精神力を発揮しルーキーランキング2位を獲得。
  • 2006年 - 活躍の場をSGTに移す。GT300クラスライフワークBOMEXアップルNSXのテストドライバーを勤めつつ第2戦岡山ラウンドにスポット参戦。それまで決勝レース完走経験の無かったチームに初完走をもたらす。SGT以外にも、その活動をチューニングカー業界にも広げ、有名チューニングショップの車両開発・タイムアタックを担当するなど、ツーリングカーにおいてもその能力を発揮する。
  • 2007年 - 新規参戦チームであるTK-squareに所属し、ST-3クラスを戦う。
  • 2008年 - Super-GT 第6戦にGT300クラス Team SHADOWよりスポット参戦。決勝9位完走を果たし、チームに初ポイントをもたらす。
  • 2010年 - KMRT(ケンミレレーシングチーム) N1ドライバーオーディションに参加。フルサポートドライバーに選出。
  • 2011年 - KMRTより全日本ダートトライアル選手権参戦開始。

2008年よりモーターレーシングストア Star5の代表として、レーシングギアの販売業務ならびに、StarCUPの運営に携わる。