高崎三興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高崎三興株式会社
Takasaki Sanko Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 東証1部 3868 2002年3月26日上場廃止
大証1部 3868 2002年3月26日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
東京都中央区日本橋本町1丁目2-6[1]
設立 1914年3月2日
業種 パルプ・紙
事業内容 段ボール原紙等の製造・販売
資本金 96億5百万円[1]
売上高 642億73百万円[1]
(2001年3月期)
総資産 832億67百万円[1]
従業員数 625人[1]
決算期 3月
主要株主 王子製紙 32.52%
三井物産 13.61%[1]
特記事項:特記のない各種経営指標は2001年9月末時点
テンプレートを表示

高崎三興株式会社(たかさきさんこう、英文社名:Takasaki Sanko Co., Ltd.)は、かつて存在した日本製紙会社である。大手製紙会社王子製紙の傘下にあった板紙メーカーで、2002年に王子板紙(現・王子マテリア)に吸収された。

概要[編集]

王子製紙系列であった高崎製紙株式会社と三興製紙株式会社が1999年10月に合併(存続会社は高崎製紙)して発足した製紙会社である。高崎製紙は1914年、三興製紙は1949年設立の板紙メーカーであった。王子製紙グループの段ボール原紙事業集約の一環として2001年にグループ共同販売会社の王子板紙を設立、2002年10月にグループのメーカーとともに王子板紙に吸収合併された。

国内4工場を持ち、段ボール原紙白板紙などの板紙を主体に生産・販売を手がけた。また傘下のグループ企業では、段ボールや紙容器(紙器)の生産・販売なども手がけていた。

沿革[編集]

高崎製紙[編集]

前身の高崎製紙は、段ボール原紙(ライナー)・白板紙・建材原紙(石膏ボード原紙)・紙管原紙などを生産していた板紙メーカーである[2]。三興製紙との合併までの年表を以下に示す。

  • 1914年3月2日 - 高崎板紙株式会社として設立[3]群馬県高崎市[* 1]に工場を開設、11月操業開始[4]
  • 1927年12月 - 日光板紙株式会社を合併、日光工場を設置[5]
    • 日光板紙は1927年4月に、1926年10月に買収していた日光製紙株式会社(初代)の後身として設立した企業である。日光製紙は日光板紙として1916年以前から操業し、1921年に日光製紙に改称していた[5]
  • 1929年6月 - 千住板紙株式会社を合併、千住工場[* 2]を設置[6]
    • 千住板紙の前身墨田川製紙は1910年設立、1918年に千代田製紙と改称していた。1928年10月に高崎製紙が同社を買収し、千住板紙を設立した[6]
  • 1938年9月 - 東京工場(初代)[* 3]が操業を開始[7]
  • 1943年7月 - の要請により、東京工場を日本建鐵工業(現・日本建鐵)に売却[8]
  • 1949年5月16日 - 東京証券取引所(東証)に株式上場[9]
  • 1949年11月28日 - 高崎製紙株式会社に社名変更[9]
  • 1952年2月 - 札幌証券取引所(札証)にも株式を上場[3]
  • 1959年4月 - 札証での上場を廃止[3]
  • 1962年4月 - 吹田製紙株式会社を合併、大阪工場[* 4]・淀川分工場を設置[10](1970年8月両工場は統合され大阪工場となる[11])。
    • 吹田製紙は1953年1月、高崎製紙が日興パルプを買収して設立した。元からの大阪工場に加え、1961年1月に淀川分工場を新設していた[12]
  • 1965年6月 - 千住工場を閉鎖[13]
  • 1965年9月 - 東京工場(2代目)[* 5]が操業開始。
  • 1970年2月 - 高崎製紙・三井物産が主体となりレンゴー・十條製紙(現日本製紙)の協力を得て東北製紙株式会社(日本大昭和板紙秋田工場の前身)を設立[14]
  • 1973年10月 - 紙加工事業を担当する紙器部大泉工場を開設[15]
  • 1974年6月 - 段ボール事業本部高崎事業所を開設、段ボール事業に進出[16]1977年3月分離し高崎製紙コンテナー株式会社を設立[11])。
  • 1975年7月 - 高崎工場操業停止[17]
  • 1980年6月 - 日光工場を子会社日光製紙株式会社(2代目)に売却。業績悪化に伴う債務超過解消策の一環[18]
  • 1984年11月 - 東京工場を移設して日光工場を再設置。跡地売却益で1985年度から債務超過解消[19]
  • 1988年1月 - 日光製紙から日光工場を買い戻す[20]
  • 1988年3月 - 保有する東北製紙の全株式を三井物産に譲渡、同社の経営から撤退[21]
  • 1991年12月 - 高崎製紙コンテナーほか2社を合併。段ボール部高崎工場を再設置[11]
  • 1994年1月 - 本州製紙(1996年王子製紙と合併)と業務提携[22]
  • 1997年3月 - 紙器部大泉工場を分離し、高崎パッケージ株式会社を設立[11]

三興製紙[編集]

三興製紙は、段ボール原紙や白板紙などを生産していた板紙メーカーである。本社は静岡県富士市伝法[23]大阪証券取引所市場第二部(大証2部)に株式を上場していた(証券コード:3885)。

高崎三興[編集]

生産拠点[編集]

高崎三興が保有していた生産拠点は、以下の4か所である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 所在地は高崎市八島町で、高崎駅東口前。
  2. ^ 所在地は東京都足立区千住東町
  3. ^ 所在地は東京都葛飾区奥戸1丁目で、中川沿いに立地した。
  4. ^ 所在地は大阪府吹田市下新庄駅付近。
  5. ^ 所在地は埼玉県草加市

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 段ボール原紙事業の統合に関するお知らせ (PDF) 」、2001年12月4日付王子製紙ニュースリリース(インターネットアーカイブ
  2. ^ 高崎80年史、p203
  3. ^ a b c d e 会社年鑑2002上巻、pp683-685
  4. ^ 高崎80年史、p7
  5. ^ a b 高崎80年史、p19
  6. ^ a b 高崎80年史、pp21-22
  7. ^ 高崎80年史、p212
  8. ^ 高崎80年史、pp47-48
  9. ^ a b 高崎80年史、p71
  10. ^ 高崎80年史、p91
  11. ^ a b c d e 「高崎三興第149期(2001年3月期)有価証券報告書」、p3
  12. ^ 高崎80年史、p77,91
  13. ^ 高崎80年史、p99
  14. ^ 高崎80年史、p108
  15. ^ 高崎80年史、p218
  16. ^ 高崎80年史、p116,218
  17. ^ 高崎80年史、p123
  18. ^ 高崎80年史、p129,219
  19. ^ 高崎80年史、p130
  20. ^ 高崎80年史、p146
  21. ^ 高崎80年史、p109,220
  22. ^ 「本州・高崎製紙が提携 株持ち合い、製品を供給」、1994年1月25日付朝日新聞夕刊
  23. ^ a b c d e f 会社年鑑2000上巻、pp797-798
  24. ^ a b c d e f g h 王子社史合併各社編、pp413-414
  25. ^ 「三興製紙と高崎製紙合併 今秋、板紙4位に」、1999年2月11日付朝日新聞朝刊
  26. ^ 会社年鑑2003上巻、p7

参考文献[編集]

  • 王子製紙(編) 『王子製紙社史』合併各社編、王子製紙、2001年
  • 高崎製紙株式会社社史編纂室(編) 『高崎製紙80年史』、高崎製紙、1994年
  • 『会社年鑑』2000上巻、日本経済新聞社、1999年
  • 『会社年鑑』2002上巻、日本経済新聞社、2001年
  • 『会社年鑑』2003上巻、日本経済新聞社、2002年

関連項目[編集]