高島小金治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高島小金治

高島 小金治(たかしま こきんじ、1861年5月17日文久元年4月8日) - 1922年大正11年)3月28日)は、明治期の実業家。日清豆粕製造(現・日清オイリオグループ)初代社長。大倉喜八郎の女婿で、終始その片腕となり、大倉組副頭取を務めた。

経歴[編集]

上野国(現・群馬県前橋市に高島有八の長男として生まれる[1]。19歳の明治2年に慶應義塾卒業後同塾の講師を3年務めたあと、政治活動に転じる[1]。明治19年渡米し,3年後に帰国して大倉喜八郎の内外用達会社に入り取締役となる。

内外用達会社を解散し、合名会社大倉組の創立に参加し、副頭取に就任。大倉組では海外貿易を担当し、支那方面への兵器弾薬の輸出、インドの茶畑、南アメリカに向かって木材輸出を担当。満州にて日清豆粕製造社長となり、明治20年に日本製靴日本皮革を設立し、大倉商業学校理事となる。その後、韓国善隣商業学校評議員(韓国・現善隣インターネット高等学校)などを歴任。

永田町の自邸で亡くなる[1]。享年62。没年、従六位に叙された。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『会員追悼録』p45日本工業倶楽部, 1925