高山清洲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高山 清洲(たかやま せいしゅう)は日本の著作家。 第59代宇多天皇家35世代。高山右近大夫長房16世。第59代宇多天皇家旭日会総裁。第123代大正天皇家扶桑会総裁。ROYAL BANK GROUP ASIAN GENERAL MANAGER。国際政治経済文化研究会会長。国際科学技術研究所顧問。日本名誉毀損防止同盟会長。

陰謀論についての著作を書いている。陰謀論に関する著書は高山長房(たかやま ながふさ)の名前で書いている。(本爬虫類人説(レプティリアン説)を唱えている。

著書[編集]

  • 『人類への警告[I] 日本人はドラコニアン《YAP(-)遺伝子》直系! だから、[超削減]させられる』ヒカルランド
  • 『人類への警告[II] 日本はドラコニアンが作った世界最強の神州! だから、破滅の深淵から這い上がる』ヒカルランド
  • 『人類への警告III ドラコニアンvsレプティリアン これが<<吸血と食人>>の超絶生態だ!』ヒカルランド
  • 『人類はアンドロイド!』ヒカルランド