高山泰夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高山 泰夫
基本情報
出身地 日本の旗 日本 岐阜県
生年月日 (1922-08-23) 1922年8月23日(96歳)
身長
体重
171 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1942年
初出場 1942年
最終出場 1946年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高山 泰夫(たかやま やすお、1922年大正11年)8月23日 - )は岐阜県出身の元プロ野球選手

来歴・人物[編集]

1939年春の第16回選抜中等学校野球大会岐阜商業の控え選手として出場し、準優勝を経験。翌1940年春の第17回選抜中等学校野球大会に2年連続で出場。この時の岐阜商業は高山を含め、大島信雄国枝利通、鳥居兵治、加藤政一など、のちにプロ野球界入りする選手を5人擁するチームで、高山はこの大会も控え選手だったが、重要な場面で3試合に代打として起用されて3打数3安打の活躍を見せた。特に決勝の京都商業戦では両チーム無得点で迎えた8回裏に代打として登場、神田武夫投手から決勝点となるタイムリーヒットを放ち、優勝に貢献した。高山は代打での活躍が評価され、大会の「美技賞」を獲得。

戦前最後のセンバツ大会となった翌1941年春の第18回選抜中等学校野球大会では鳥居兵治や加藤政一、後輩の坂井豊司らと共に出場。高山はレギュラーの一塁手として活躍し、準々決勝では別所昭投手を擁する滝川中学に延長14回の末に勝利して準決勝まで進出(この試合は別所がホームベース上のクロスプレーで左肘を骨折し、三角巾で左腕を吊って延長戦を投げ続けた末に敗れたことから、翌日の大阪毎日新聞に「泣くな別所、センバツの花」と書かれたことで知られる)。準決勝では林安夫投手の一宮中学に敗れて2連覇を逃した。

卒業後、1942年阪神軍に入団。1年目から18試合に出場したが、1943年に従軍。戦後の1946年に阪神に復帰した。この年は41試合に出場している。1947年は出場無く、退団した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1942 阪神 18 23 20 0 2 0 0 0 2 1 1 0 0 -- 3 -- 0 7 -- .100 .217 .100 .317
1943 9 12 11 1 2 0 0 1 5 3 0 0 0 -- 1 -- 0 2 -- .182 .250 .455 .705
1946 41 87 77 14 21 3 1 1 29 9 1 0 0 -- 10 -- 0 12 -- .273 .356 .377 .733
通算:3年 68 122 108 15 25 3 1 2 36 13 2 0 0 -- 14 -- 0 21 -- .231 .320 .333 .653

背番号[編集]

  • 25 (1942年 - 1943年)
  • 8 (1946年 - 1946年途中)
  • 27 (1946年途中 - 1947年)

関連項目[編集]