高山正行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高山 正行(たかやま まさゆき、1942年(昭和17年)- )は、日本最初のプロ和太鼓奏者[1]。越前龍天太鼓宗家。福井県出身。1965年(昭和40年)、関西プロダクション株式会社にスカウトされ、1966年(昭和41年)、大阪市内で日本芸能界初となるプロ和太鼓集団・王将太鼓[2]を結成し吉本興業舞台デビュー。一躍看板的存在となり多くの主要舞台に立った。後年は活動の中心を北陸地方に移し、和太鼓チームの結成や指導などに数多く携わっている。福井県太鼓協会創立者。夫人は大手婦人雑誌社の元モデルで、元福井放送アナウンサー。また、映画制作者の永田雅一は夫人方の縁戚にあたる。

奏法[編集]

福井県伝統の三ツ打ちをはじめ一本打ち、十四日(四分六打ち、早打ち)など多様な地打ち(裏打ち、ベースとなるリズム)はもとより、それらのベースに合わせた「曲打ち(表打ち)」を自由に操る職人肌で、かつ即興的奏法である。また、早くから和太鼓に歌舞伎日本舞踊大相撲の要素を取り入れるなど独自のスタイルを確立した。音の余韻と間(ま)を最大限に活かした変幻自在・緩急自在な奏法には定評があり、高山のほかに例を見ることは難しい。

人物[編集]

幼児期から太鼓の音に対して極端な反応を示し、祭太鼓はもとより町回りの太鼓を遠方まで付いて回る有り様であった。高校時代には既にあらゆる祭の野良打ち場で大人に混じり太鼓を打つようになった。この頃、北陸3県の祭催事を仕切っていた永井末作に和太鼓の才能を見い出され、1960年(昭和35年)、高校卒業と同時に、舞台興行の和太鼓芸能として日本で初めて誕生した(昭和25年)豊年太鼓福井みどり会[3]に入会。以降約5年間、永井の付き人を兼ねて、福井県、石川県を中心に様々な舞台経験を積んだ[4]。こうした最中、1965年(昭和40年)、関西プロダクション株式会社にスカウトされ、翌1966年(昭和41年)2月、大阪にて日本芸能界初のプロ和太鼓集団・王将太鼓が結成され芸能界デビューを果たした[5]。王将太鼓時代の後は和太鼓演奏を生業とせず、海外からの度重なる公演招待も一切断り、北陸地方を主として一定の領域にとどめた活動に終始している。地域風土ごとの伝統や特色を重んじた和太鼓の発展を強く望んでおり、これが高山の一貫した考えとなっている。地域を越えて画一化されつつある日本和太鼓界において異色の人物と評価できよう[6]1979年(昭和54年)、ふるさと福井80選(主催:福井新聞社 後援:福井県など)の第13位に選定され、また、1984年(昭和59年)には、ふるさと福井85選(主催:福井新聞社 後援:福井県など)で、ふるさと文化賞を受賞している。なお、高山は自身のことを和太鼓奏者ではなく太鼓打ちと称している。

プロからアマチュアへの転身[編集]

1966年(昭和41年)、日本芸能界初のプロ和太鼓奏者として吉本興業の舞台で看板の座に就いた高山であったが、自身の理想と興行主のビジネス戦略が徐々に乖離し始めた事を機に自ら芸能界を去った。その後、故郷の福井に戻って和太鼓とは全く無関係の生業を得て、自分の理想とする和太鼓活動をアマチュアとして開始するに至った。なお、高山のその後の舞台活動における構成、演出、照明などの知識や技術は吉本興業時代に培ったものである。

越前龍天太鼓宗家として[編集]

越前龍天太鼓は1968年(昭和43年)5月、当時26歳の高山が個人で初めて立ち上げた和太鼓チーム。元々プロの和太鼓奏者であったにもかかわらずアマチュアに徹した活動を始めた。以降、未経験者を含め多種多様なメンバーがチームに出入し県内外を問わず著名な和太鼓奏者を輩出した。

最近の活動[編集]

  • 本業のかたわら、地元の学校や和太鼓チームの要請に応えてのみボランティアで和太鼓の指導や構成演出を行なっている。
  • 2007年(平成19年)7月、福井県坂井市春江町で開催された祭で小学生達の和太鼓演奏を観覧していた際、1人の少年(当時小学3年生)に稀代の才能を感じたと和太鼓関係者に語っている。その後、この少年と和太鼓指導の交流が始まるに至った。2009年(平成21年)5月10日、少年はわずか11歳にして石川県金沢市で催された「第20回石川の太鼓」(主催:社団法人石川県太鼓連盟・財団法人日本太鼓連盟石川県支部)に招待され、福井県を代表して越前龍天太鼓名義で特別出演している。(越前龍天太鼓は結成以来、一度も財団法人日本太鼓連盟に加盟したことはない。)

エピソード[編集]

  • 東京都・深川富岡八幡葵太鼓(会長:滑川智大)の曲目には、高山の名前を冠した「酒豪乱れ打ち・高山」がある。これは、高山の和太鼓に魅せられた滑川智大がその奏法を広く周知させようと作られた曲である[7]
  • 福井市長の坂川優とは高山が30歳の頃から大変懇意な間柄であった。
  • 現在、福井市に太鼓道場を設けてプロとして活動している車屋正昭[1](響太鼓代表・車屋グループ代表・車竜代表・車屋正昭太鼓道場主宰)は、高山が結成した越前龍天太鼓に6年間メンバーの一員として在籍していた。
  • 弟子をとらない高山だが、その太鼓においては自らが名手として表に立つことよりも、舞台上では主役を独占せずに裏方で「人」を支え、一人でも多くの打ち手の脚光を願い育てることを美徳としており、特定の師をもたないことで知られる川筋義也(越前福井太鼓打ち・東京国際和太鼓コンテスト最優秀賞)は、高山の献身謙虚な「芸道職人」の姿に「心の師」として敬意を表している。

過去の主な交流人物[編集]

主なテレビ・映画出演歴[編集]

縁戚者[編集]

関連事項[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『京都新聞』 『関西新聞』 『大阪新聞』 『読売新聞』 1966年(昭和41年)2月24日付版
  2. ^ 『京都新聞』 『関西新聞』 『大阪新聞』 『読売新聞』 1966年(昭和41年)2月24日付版
  3. ^ 『和太鼓・・その心、真髄・・・』 2002年(平成14年)3月論文
  4. ^ 『関西新聞』 1966年(昭和41年)3月2日付版
  5. ^ 『京都新聞』 『関西新聞』 『大阪新聞』 『読売新聞』 1966年(昭和41年)2月24日付版
  6. ^ 『福井新聞』 2003年(平成15年)8月15日付版
  7. ^ NEVER GIVE UP チャリティーコンサート『蘇れ、美しき郷、中越!!』 2005年(平成17年)1月30日開催。(後援:新潟県、中野区、深川富岡八幡宮、世田谷区教育委員会)
  8. ^ 『農協共済記念大会』 1966年(昭和41年)6月20日興行プログラム
  9. ^ なんば花月(現在の「NGKなんばグランド花月」)』 1966年(昭和41年)5月1日~5月10日興行プログラム(No.102号)
  10. ^ 『なんば花月』 1966年(昭和41年)5月1日~5月10日興行プログラム(No.102号)・『奈良県演芸会』 1966年(昭和41年)10月8日、10月15日興行プログラム
  11. ^ 『なんば花月』 1966年(昭和41年)5月1日~5月10日興行プログラム(No.102号)
  12. ^ 『なんば花月』 1966年(昭和41年)5月1日~5月10日興行プログラム(No.102号)
  13. ^ 『なんば花月』 1966年(昭和41年)5月1日~5月10日興行プログラム(No.102号)
  14. ^ 京都花月』 1966年(昭和41年)6月1日~6月10日興行プログラム(No.145号)
  15. ^ 『なんば花月』 1966年(昭和41年)5月1日~5月10日興行プログラム(No.102号)・『京都花月』 1966年(昭和41年)6月1日~6月10日興行プログラム(No.145号)・『奈良県演芸会』 1966年(昭和41年)10月8日、10月15日興行プログラム
  16. ^ 『なんば花月』 1966年(昭和41年)5月1日~5月10日興行プログラム(No.102号)・『京都花月』 1966年(昭和41年)6月1日~6月10日興行プログラム(No.145号)
  17. ^ 『中村大劇』 1966年(昭和41年)3月22日~3月31日開場記念興行プログラム
  18. ^ 『奈良県演芸会』 1966年(昭和41年)10月8日、10月15日興行プログラム
  19. ^ 『福井新聞』 1981年(昭和56年)3月21日付版