高山将孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高山 将孝
基本情報
階級 ライト級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1947-01-03) 1947年1月3日(71歳)
出身地 東京都目黒区
スタイル 右ボクサータイプ
プロボクシング戦績
総試合数 29
勝ち 22
KO勝ち 8
敗け 6
引き分け 1
テンプレートを表示

高山 将孝(たかやま まさたか、1947年1月3日 - )は、日本の元プロボクサー東京都目黒区出身。日本ライト級王者。右ボクサータイプ。小学生からボクシングを始め、東京オリンピック1964年)代表選手となるなど、テクニシャンとして高い評価を受けた。その技巧を買われ、引退後、アニメあしたのジョー2」の技術アドバイザーを務めたこともある。

戦績[編集]

  • 1968年3月 - プロデビュー。
  • 1970年1月21日 - 日本ライト級王座獲得。以後5度防衛。
  • 1971年3月3日 - 日本王座2度目の防衛戦。鈴木石松(後のガッツ石松)と引き分け王座防衛。
  • 1973年7月2日 - 日本王座6度目の防衛戦。バズソー山辺に10回判定負けし王座陥落。
  • 1974年2月18日 - 山辺とのリターンマッチに9回KO勝ちし王座奪還。以後2度防衛。
  • 1974年12月21日 - コスタリカサンホセWBA世界ライト級王座に挑戦。王者:ロベルト・デュランパナマ)に1回KO負け。
  • 1975年5月8日 - 日本王座2度目の防衛戦を10回判定で飾り、試合後に引退を発表。

獲得タイトル[編集]

  • 第17代日本ライト級王座(防衛5度)
  • 第19代日本ライト級王座(防衛2度)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
辻本英守
第17代日本ライト級王者

1970年1月21日 - 1973年7月2日

次王者
バズソー山辺
前王者
バズソー山辺
第19代日本ライト級王者

1974年2月18日 - 1975年5月8日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ビッグ山龍