高垣忠一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高垣 忠一郎(たかがき ちゅういちろう、1944年3月7日- )は、日本臨床心理学者、立命館大学名誉教授、京都教育センター代表。

高知県生まれ。1968年京都大学教育学部卒。1973年同大学院博士課程満期退学、京都大学助手、1976年大阪電気通信大学助教授、1985年教授、立命館大学産業社会学部教授[1]、応用人間科学科教授、特任教授、2014年退職、名誉教授、京都教育センター代表。登校拒否・不登校問題全国連絡会世話人代表。

「自己肯定感」を提唱し、その概念を広めることに貢献した。

著書[編集]

  • 『思春期の子どもをどうつかむか』あゆみ出版 あゆみブックレット 1983
  • 『思春期の心理』あゆみ出版 あゆみレモンブックス 1985
  • 『登校拒否とその周辺 自分を愛し信頼する心を』部落問題研究所 1991
  • 『登校拒否・不登校をめぐって 発達の危機、その<治療>と<教育>』青木書店 1991
  • 『揺れつ戻りつ思春期の峠』新日本新書 1991
  • 『いじめと登校拒否』かもがわブックレット 1996
  • 『子どもの心を聴く』法政出版 1998
  • 『揺れる子どもの心と発達』かもがわ出版 1998
  • 『心の浮輪のさがし方 子ども再生の心理学』柏書房 1999
  • 『癌を抱えてガンガーへ 性と死の不安と向き合う』三学出版 2002
  • 『共に待つ心たち 登校拒否・ひきこもりを語る』かもがわ出版 2002
  • 『生きることと自己肯定感』新日本出版社 2004
  • 『競争社会に向き合う自己肯定感 もっとゆっくり/信じて待つ』新日本出版社 2008
  • 『自己肯定感って、なんやろう?』山田喜代春版画 かもがわ出版 2008
  • 『カウンセリングを語る 自己肯定感を育てる作法』かもがわ出版 2010
  • 『3・11生みの苦しみによりそって 原発震災と登校拒否』かもがわ出版 2012
  • 『登校拒否を生きる 「脱落」から「脱出」へ』新日本出版社 2014

共編著[編集]

  • 『小学生の発達と教育』横山明共編著 三和書房 1980
  • 『登校拒否・不登校』横湯園子,藤本文朗共編著 労働旬報社 1995
  • 『心の視点 カウンセリング・トレーニング』横湯園子共編 青木書店 1997
  • 『親たちの「思春期」攻防戦』壬生博幸共編 大月書店 シリーズ『中学生の世界』 1999
  • 『不登校支援ネットワーク』春日井敏之共編著 かもがわ出版 2004
  • 『ひきこもる人と歩む』青木道忠,関山美子,藤本文朗共編著 新日本出版社 2015

論文[編集]

外部リンク[編集]

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年