高坂 (東松山市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高坂駅東口

高坂(たかさか)は、埼玉県東松山市を構成する一地区の地名、およびその地区内の町名大字)。行政上、歴史上の枠組とは別に高坂駅周辺を漠然と指す場合もある。

地名の由来[編集]

都幾川の低地から物見山に至る丘陵地へのなだらかな坂が延々と続いている事が高坂の由来と言われる。

駅名として[編集]

  • 高坂駅

高坂駅周辺を漠然として指す。

地名として[編集]

  • 東松山市大字高坂。

高坂駅東口周辺の地名である。西口は東松山市元宿(西本宿地区)

地区名として[編集]

  • 高坂地区
  • 高坂丘陵地区

明治の大合併によって1889年に旧高坂村・西本宿村・宮鼻村・田木村・岩殿村・大黒部村・正代村・早俣村が合併して高坂村となったが、さらに昭和の大合併により1954年に松山町・大岡村・唐子村・高坂村が合併して東松山市となり、旧高坂村域は高坂地区ととらえられるようになった。その後、1984年に分譲の始まった高坂ニュータウンの開発に伴って人口が増加したことから、桜山台・白山台・旗立台・松風台を「高坂丘陵地区」として高坂地区から分離し、現在の区域となった。

沿革[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『残しておきたい昭和の記憶』2-3頁。
  2. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』529-530頁。

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104
  • 残しておきたい昭和の記憶(平成24年度きらめき市民大学課題研究のまとめ) (PDF)”. 東松山市役所 (2014年12月2日). 2017年10月16日閲覧。

関連項目[編集]