高坂彫刻プロムナード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 高坂彫刻プロムナード
【高田博厚彫刻群】

Takasaka Sculpture Promenade (Sculptures of Hiroatsu Takata)
高坂彫刻プロムナード.jpg
高坂彫刻プロムナードの位置(埼玉県内)
高坂彫刻プロムナード
埼玉県内の位置
施設情報
正式名称 高坂彫刻プロムナード
【高田博厚彫刻群】
前身 彫刻のある通り
収蔵作品数 32体
事業主体 東松山市
管理運営 東松山市 教育委員会
所在地 埼玉県東松山市高坂駅西口
位置 北緯36度00分08.9秒 東経139度23分48.1秒 / 北緯36.002472度 東経139.396694度 / 36.002472; 139.396694座標: 北緯36度00分08.9秒 東経139度23分48.1秒 / 北緯36.002472度 東経139.396694度 / 36.002472; 139.396694
外部リンク 高坂彫刻プロムナード
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

高坂彫刻プロムナード【高田博厚彫刻群】(たかさかちょうこくプロムナード/たかたひろあつちょうこくぐん)は、埼玉県東松山市東武東上線高坂駅西口から西に伸びる通りの歩道およそ1kmにわたり展示されている32体の高田博厚の彫刻作品群[1]

特徴[編集]

  1. 一流作家一人に絞った彫刻作品が、これほど数多く並ぶ屋外彫刻通りは、全国的にも類を見ない。
  2. 32体のうち30体の彫刻の台座には作者の著作から抜粋された短文が添えられ、作者の作品に対する思いや芸術観を感じることができる。
  3. 歩道上にある彫刻作品なので、写真を撮ることも、直接手で触れることも可能である。
  4. 高田博厚に師事した沖村正康が経営する三郷工房により、年2回色合いにまでこだわってメンテナンスしているため、常に状態が大変に良い。

経緯[編集]

田口弘(元東松山市教育長)が高村光太郎高田博厚と親交のあった柳田知常(国文学者、俳人)に中学生の頃から師事していた[2]ことから、1974年に高田と出会い、その後も1980年に中央公民館(現松山市民活動センター)で高田博厚彫刻展・講演会を開催するなど親交を深めるようになった。

その頃の東松山市では、高坂駅西口土地区画整理事業を実施しており、事業の完了に際し、田口が「一人の一流作家の作品で飾る彫刻通りが実現できれば、全国に誇れる彫刻通りになる」と提言し[3][4]、田口は高田に話しを持ちかけ、高田はそれに応じた[5]

1986年に2体、1987年に14体、1989年に11体、そして1994年に5体を設置し、現在の高坂彫刻プロムナードの形になった[6]。2017年に高坂駅西口ロータリーに幅4メートル、高さ2メートルの案内板を設置[7]し、ロータリー内の2つの彫刻「遠望」と「大地」をライトアップ。同駅西口階段に彫刻などをPRする壁面シールなどを掲示した。[8]

主な収蔵作品[編集]

高田博厚
(撮影:中村光紀)

開館時間・休館日・入場料[編集]

田口弘講演
高村光太郎と智恵子抄
開館時間
  • 24時間
入場料
  • 無料
休館日
  • なし(年中無休)
メンテナンス
  • 春と秋の年2回

交通アクセス[編集]

参考文献[編集]


関連動画[編集]

稲村ガ崎のアトリエ廊下にて
  • 高田博厚の講演音声など
  1. 煥乎堂文芸講座『美術の本質』 - YouTube
  2. 東北大学教養学部での講演会 - YouTube
  3. 稲村ガ崎のアトリエの様子 - YouTube:ピアノ:高橋 在也
  • 高田博厚展2018記念事業 
  1. 洋画家・野見山暁治×作家・堀江敏幸特別対談 - YouTube
  2. 高田博厚、田口弘、高村光太郎 東松山に輝いたオリオンの三つ星 - YouTube
    小山弘明:高村光太郎連翹忌運営委員会代表
  • 高田博厚没後30年記念イベント『思索の灯』 
  1. 指で思索するということー高田博厚の生涯と思想ー - YouTube
    浅見洋:西田幾多郎記念哲学館館長
  2. 彫刻のモデルになる - YouTube
    室町澄子:元NHKアナウンサー、ラジオ深夜便アンカー
  3. 新事実ロマン・ロランと高田博厚ー新発見の日記・書簡から- - YouTube
    高橋純:小樽商科大学名誉教授
  4. 朗読コンサート - YouTube
    朗読:妻沼 絢子、ヴァイオリン:渡邉 賢治、チェロ:井村 果奈枝、ピアノ:高橋 在也
  1. 『高村光太郎との思い出を語る』田口弘 - YouTube
  2. 『高村光太郎書簡等寄贈記者会見』田口弘 - YouTube
  3. 『高村光太郎との交流について』田口弘 - YouTube
  1. 『田口弘と高村光太郎 交差する二つの詩魂』 - YouTube
    小山弘明:高村光太郎連翹忌運営委員会代表
  2. 『高田博厚、田口弘、高村光太郎 東松山に輝いたオリオンの三つ星』 - YouTube
    小山弘明:高村光太郎連翹忌運営委員会代表

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

高坂彫刻プロムナードを含む『まなびのみち』の見どころ[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高坂彫刻プロムナード【高田博厚彫刻群】パンフレット”. 2018年8月31日閲覧。
  2. ^ 田口弘. 詩文集 高村光太郎の生き方. 2009田口弘. https://books.google.co.jp/books/about/%E9%AB%98%E6%9D%91%E5%85%89%E5%A4%AA%E9%83%8E%E3%81%AE%E7%94%9F%E3%81%8D%E6%96%B9.html?id=UYFIQwAACAAJ&redir_esc=y. 
  3. ^ “彫刻家高田博厚展を開催=埼玉県東松山市”. 時事通信社. (2018年11月9日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110900400&g=soc 2018年12月31日閲覧。 
  4. ^ 中里宏 (2018年11月16日). “日仏で活躍した彫刻家・高田博厚の足跡たどる 東松山市総合会館で18日まで”. http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201811/CK2018111602000154.html 2018年12月31日閲覧。 
  5. ^ 広報ひがしまつやま 高坂彫刻プロムナード特集(平成28年10月1日号)”. 2018年8月31日閲覧。
  6. ^ 広報ひがしまつやま 思索の道特集(平成29年6月1日号)”. 2018年8月31日閲覧。
  7. ^ “彫刻家高田博厚の全遺品寄贈=埼玉県東松山市”. 時事通信. (2017年12月15日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121400659&g=jfn 2018年9月23日閲覧。 
  8. ^ “東松山市、高坂彫刻プロムナードを整備 ライトアップや案内板でPR”. 産経新聞. (2017年3月14日). https://www.sankei.com/region/news/170314/rgn1703140070-n1.html 2018年9月23日閲覧。 
  9. ^ 新・駅前そぞろ歩記. マンスリーとーぶ. 東武鉄道. (2019年5月号). http://www.tobu.co.jp/monthly/sketch/2019/sketch201905.html.