高圧 (電気)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高圧(こうあつ)とは、直流にあっては750Vを、交流にあっては600Vを超え、7kV以下電圧である(電気設備技術基準 第2条1-二)。これを越えるものは特別高圧(とくべつこうあつ)と称する。

また電波法施行規則第22条においての定義は交流においては電気設備技術基準と異なり、高圧は高周波[1]もしくは交流の300Vを超える電圧としている。高周波の電気はエネルギーが高いため、防護上、商用交流よりも厳しい規程を設けている。

国際電気標準会議 (IEC) による国際規格では、直流1500V、交流1000V以上を高圧としている。

公称電圧[編集]

  • 交流 6.6kV, (3.3kV)
  • 直流 1500V, (3000V)

脚注[編集]

  1. ^ 電波法第100条(高周波利用設備)の規定により10kHz以上

関連項目[編集]