高哲男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

高 哲男(たか てつお、1947年 - )は、日本の経済学者、九州大学名誉教授。

大分県生まれ。九州大学経済学部卒業。1976年同大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学。広島大学経済学部助教授、教授、1992年九州大学経済学部教授[1]、2013年同大学大学院経済学研究院定年退職、名誉教授。1992年「ヴェブレン研究 進化論的経済学の世界」で、九州大学から博士(経済学)。

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『制度としての経済社会 世界のなかの日本』編 九州大学出版会 1996
  • 『市場と反市場の経済思想 経済学の史的再構成』中村廣治共編著 ミネルヴァ書房 2000
  • 『自由と秩序の経済思想史』編 名古屋大学出版会 2002
  • 『経済思想史 社会認識の諸類型』大田一廣,鈴木信雄,八木紀一郎共編 名古屋大学出版会 1995
  • 『経済学史のエッセンシャルズ』平方裕久共著 知新出版研究所 2014

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『暮らしのなかの経済思想』著者紹介