高原書店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社高原書店
Takahara Shoten Bookstore Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
194-0022
東京都町田市森野一丁目31-17
設立 1985年(昭和60年)
業種 小売業
法人番号 3012301001499
事業内容 古書の売買、地域での文化活動
代表者 高原陽子(代表取締役社長
資本金 1000万円
売上高 1億2000万円
従業員数 20名(2012年4月現在)
外部リンク http://www.takahara.co.jp
テンプレートを表示

高原書店(たかはらしょてん)は、東京都町田市にある古書店。正式名称は、株式会社高原書店。

概要[編集]

1974年、高原坦、陽子夫妻が町田市役所そばにオープン。その後数度、引っ越しするたびにその規模を拡大し、相模原市横浜市新宿区新大久保駅前)にも店舗を拡大。

1985年、小田急町田駅東口近くのPOPビルに店舗を開店した。ここで20年間営業、その後、再び転居。現在の店舗は4階建て[1]。2005年12月7日に高原坦が亡くなってからは、高原陽子が店主を引き継ぐ。営業をインターネット販売に力点を移し、徳島県にも1000坪の倉庫を構えて、在庫100万冊。入力データは、2010年9月現在で27万点。横浜、新宿の店舗は撤退し、インターネット販売に足場を移している。

交友[編集]

目録を兼ねた冊子も刊行し、店内の美術サロンを地元美術家に発表の場として提供。八木義徳遠藤周作桜田常久など地元作家とも交流があり、直木賞受賞の三浦しをんは、大学卒業後、しばらくここでアルバイトをしていた[1]。三浦しをん原作の「まほろ駅前多田便利軒」が映画化され、舞台である町田駅前は一時期、その話題で持ちきりであった。小田急線町田駅から高原書店までの道を「まほろ横丁」と名づけ、高原陽子を中心に商店や飲食店が販促活動を熱心に行っている。参加店で配布している「まほろ横丁map」は映画の主演の2人が写っている。

所在地[編集]

〒194-0022 東京都町田市森野一丁目31-17 小田急町田駅北口出口から、徒歩4分。

言及[編集]

坪内祐三は、1998年東京人』で古本屋特集を組んだ頃の高原書店に触れ、後に出来たBOOKOFFを引き合いに出して、BOOKOFFに通じる店舗の広さ、並んでいる本、安さ、の一方、BOOKOFFにない「哲学」を感じるとして「極めて質の高いBOOKOFF」と形容した。また、高原書店従業員から書店の棚作りに同様の「におい」を感じさせる古書店を輩出している人脈に注目した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 古書店「高原書店」移転10周年企画-俳優陣が町田ゆかりの作品を朗読町田経済新聞 2010年7月8日
  2. ^ 坪内祐三「高原書店からブックオフへ、または「せどり」の変容」、『新潮45』第34巻第6号、2015年6月、 174-183頁、 NAID 40020457447

外部リンク[編集]