高原慶一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高原 慶一朗(たかはら けいいちろう、1931年3月16日 - 2018年10月3日)は、日本実業家ユニ・チャーム創業者で、同社初代代表取締役社長や、日本経団連評議員会副議長等を務めた。第2代ユニ・チャーム代表取締役社長の高原豪久は長男[1][2]

人物・経歴[編集]

愛媛県川之江市(現四国中央市)生まれ[2]。1953年大阪市立大学商学部卒業、関西紙業入社[3]。父が経営する家業の国光製紙(現ユニ・チャーム国光ノンウーヴン)専務を経て[1][4]、1961年大成化工(現ユニ・チャーム)を設立し、同社代表取締役社長に就任[4]。1987年に藍綬褒章を受章[5]。2001年代表取締役会長。2004年に旭日重光章を受章[5]。2008年取締役会長。2011年取締役ファウンダー[6]日本経団連評議員会副議長、四国経済連合会副会長等も歴任した[3]

2018年10月3日、老衰のため死去。87歳没[2]。叙従四位[7]

著書[編集]

  • 『感動の経営 : 大事は理、小事は情をもって処す』ダイヤモンド社 1994年
  • 『やる気・やるチャンス・やる力 : ビジネスで成功する100の知恵』日経BP社 1997年
  • 『チャレンジ立国論 : 会社や産業を創り、壊し、再生する』東洋経済新報社 2000年
  • 『転機は勝機 : まことに日に新たに、日に日に新たに、また日に新たなれ』ユニ・チャーム 2001年
  • 『賢い人ほど失敗する : 要領が悪い人でも成功するヒント』PHP研究所 2003年
  • 『人生を生き抜くカン・コツ・急所』PHP研究所 2005年
  • 『理屈はいつも死んでいる』サンマーク出版 2006年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「高原 慶一朗」の家系」思い出のアルバム
  2. ^ a b c “ユニ・チャーム創業者の高原慶一朗さん死去”. 朝日新聞デジタル. (2018年10月9日). https://www.asahi.com/articles/ASLB94SQFLB9ULFA00Z.html 2018年10月9日閲覧。 
  3. ^ a b 「賢い人ほど失敗する―要領が悪い人でも成功するヒント」紀伊國屋書店
  4. ^ a b 高原慶一朗コトバンク
  5. ^ a b “高原慶一朗氏死去=ユニ・チャーム創業者、87歳”. 時事通信. (2018年10月9日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018100901005&g=obt 2018年10月10日閲覧。 
  6. ^ 高原 慶一朗
  7. ^ 『官報』7385号、平成30年11月8日
先代:
(新設)
ユニ・チャーム社長
初代:1974年 - 2001年
次代:
高原豪久