高千穂鉄道TR-400形気動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高千穂鉄道TR-400形気動車
TR-400形TR-402 「天鈿女(あまのうずめ)号」 2006年6月
TR-400形TR-402 「天鈿女(あまのうずめ)号」
2006年6月
基本情報
運用者 高千穂鉄道
製造所 新潟トランシス[1]
製造初年 2003年[1]
製造数 2両[2]
消滅 2008年[3](JR九州に譲渡)
主要諸元
軌間 1,067[4] mm
最高速度 95[5] km/h
車両定員 118名
(座席52名)[5]
自重 30.5 t[5]
全長 18,500[4] mm
車体長 18,000[4] mm
全幅 2,828[4] mm
車体幅 2,700[4] mm
全高 3,980[4] mm
車体高 3,620[4] mm
床面高さ 1,240 mm[4]
車体 普通鋼
台車 枕ばね:ボルスタレス空気ばね
軸箱支持:円錐積層ゴム式
NP131D/T-3[5]
車輪径 860 mm[4]
固定軸距 2,100 mm[4]
台車中心間距離 13,000 mm[4]
機関 新潟鐵工所DMF13HZディーゼルエンジン[5]
機関出力 242.7 kW (330 PS) / 2,000 rpm[5]
変速機 新潟コンバーター液体式(TACN-22-1628) [4][5]
変速段 変速1段・直結2段[4]
歯車比 2.94[4]
制動装置 機関排気ブレーキ併用DE1A[6][7]
テンプレートを表示

高千穂鉄道TR-400形気動車 (たかちほてつどうTR-400がたきどうしゃ)は、2003年平成15年)に2両が製造され、2005年(平成17年)の営業休止まで使用された高千穂鉄道トロッコ型気動車である[8][9]。高千穂鉄道廃止後、九州旅客鉄道(JR九州)に譲渡され、改造の上キハ125形400番台となった[10]

概要[編集]

1989年(平成元年)4月に日本国有鉄道(国鉄)の第2次特定地方交通線だった九州旅客鉄道(JR九州)高千穂線第三セクターに転換して開業した高千穂鉄道[11]では、1996年(平成8年)からトロッコ車用の導入検討を進め、2003年(平成15年)に2両のトロッコ型気動車を導入した[6]。車体は新潟鐵工所が納入した松浦鉄道MR-500形南阿蘇鉄道MT-3010形などのレトロ調気動車をベース[12]とし、窓を上下方向に拡大したうえで着脱式としている[6]。エンジンは新潟鐵工所DMF13HZディーゼルエンジンを242.7 kW (330 PS)に設定して使用した[5]。全車正面貫通式、両運転台、トイレなし、通路を挟んで両側にテーブル付き4人掛けボックスシートを6組ずつ備え、ドア付近にはテーブル付2人掛け座席が2か所にある[4]。TR-401の車体は黄色に塗装されて「手力男(たぢからお)」の愛称が、TR-402は色に塗装されて「天鈿女(あまのうずめ)」の愛称がつけられた[13]。「トロッコ神楽号」として2003年(平成15年)3月から運転を開始した[13]が、2005年(平成17年)9月の台風による災害で高千穂鉄道全線が不通となり、復旧されることのないまま2008年(平成20年)12月までに全線が順次廃止された[9]。廃線後2両ともJR九州に売却、改造の上キハ125形に編入され、特急「海幸山幸」として2010年(平成22年)10月から運転されている[10][14]

車体[編集]

黄色に塗装されたTR-401手力男(たぢからお)号

新潟鐵工所製のレトロ調気動車をベースとし、車体長は18 mとなった[6]。両運転台構造で、前面は貫通式である[4]乗務員室は左隅構造で、乗務員用扉が片側1箇所に設けられた[4]。910 mm幅の引き戸の客用扉が片側2か所、運転台直後と反対側車端にある[4]。扉間の窓配置は左右で異なり、高千穂駅側に向かって左側は中央部に2,950 mm幅の3連式窓2箇所、その両側に1,960 mm幅の2連式窓を、反対側は高千穂駅寄りに2,950 mm幅の3連式窓3箇所、反対側客用扉付近に915 mm幅の窓がある[4]。窓は取り外し式とされた[6]。戸袋窓はない[4]。TR-401の外部塗装は黄色、TR-402は緑である[4]。屋根はモニター風の2段屋根で、モニター内に冷房装置が収められている[4]

車内は通路を挟んで両側にテーブル付き4人掛けボックスシートを6組ずつ備え、ドア付近にはテーブル付2人掛け座席が2か所にある[4]。テーブルの高さと、窓側の座席背もたれの高さは窓下辺にあわせられた[6]。開放感を出すため、つり革、網棚は設置されなかった[6]延岡駅寄運転台付近に車椅子スペースを備え[6]、ワンマン運転対応機器も装備された[4]

走行装置[編集]

エンジンは、新潟鐵工所製DMF13HZディーゼルエンジンを1基搭載、定格出力242.7 kW(330 PS) / 2,000 rpmで使用された[5]。動力は新潟コンバーター製TACN-22-1628液体変速機を介して2軸駆動の台車に伝達される[6][5]。台車はボルスタレス空気ばね、積層ゴム式NP131D/T-3が採用された[5]制動装置機関排気ブレーキ併用のDE1A自動空気ブレーキが採用された[6][7]

空調装置[編集]

暖房装置はエンジン排熱を利用した温風式である。冷房装置は能力18.0 kW(15,500 kcal/h)のデンソー製機関直結式 2台が設置された[5]

車歴[編集]

TR-400形車歴
形式 車両番号[2] 製造[1] 愛称[13] JR入籍[15] JR車両番号[15]
TR-400 401 2003年3月 手力男 2009年9月 キハ125-401
TR-400 402 2003年3月 天鈿女 2009年9月 キハ125-402

運用[編集]

JR九州に売却後の姿

高千穂鉄道は、1989年(平成元年)4月にJR九州高千穂線を第三セクターに転換して開業、開業時に準備したTR-100形5両、TR-200形2両に加え、観光用のTR-300形2両を1991年(平成3年)7月に導入して運用してきた[13]が、1996年(平成8年)からトロッコ車用の導入検討が始まり、2001年(平成13年)3月のわたらせ渓谷鐵道会津鉄道視察を経て、2003年(平成15年)に、TR-401は日本宝くじ協会の助成による「宝くじ号」として、TR-402は国際コンベンション・リゾートみやざき振興基金からの助成によりトロッコ型気動車が導入された[6]。導入費用は1両あたり1億3千万円とされている[16]。日本宝くじ協会の助成を受けたTR-401の車体は黄色に塗装されて「手力男(たぢからお)」の愛称が、国際コンベンション・リゾートみやざき振興基金の助成を受けたTR-402は色に塗装されて「天鈿女(あまのうずめ)」の愛称がつけられた[12]。代替としてTR-300形2両が廃車されている[13]。2003年(平成15年)3月21日から「トロッコ神楽号」として運転を開始したが、2005年(平成17年)9月6日に九州地方を襲った台風14号の影響で橋梁2箇所が流出するなど甚大な被害を受け列車運行を休止、部分復旧なども模索された[11]が実現せず、2008年(平成20年)12月までに全線が廃止された[16]。運行休止時には2両とも高千穂駅にあった[16]が、高千穂鉄道からの打診によりJR九州への売却が決定[17]、2009年(平成21年)2月に陸送で搬出され、JR九州小倉工場に入場した[18]。JRでは日南線特急「海幸山幸」で使用するための改造が行われ[10]2010年(平成22年)10月10日から営業運転を行っている[14]

出典[編集]

参考文献[編集]

書籍[編集]

  • 寺田 祐一『私鉄気動車30年』JTBパブリッシング、2006年。ISBN 4-533-06532-5

雑誌記事[編集]

  • 鉄道ピクトリアル』通巻738号「鉄道車両年鑑2003年版」(2003年10月・電気車研究会
    • 岸上 明彦「2002年度民鉄車両動向」 pp. 109-130
    • 高千穂鉄道(株)運輸課 都甲 敏明「高千穂鉄道 TR-400形」 pp. 178
    • 「民鉄車両諸元表」 pp. 180-183
    • 「各社別新造・改造・廃車一覧」 pp. 208-219
  • 『レイルマガジン』通巻250号(2004年7月・ネコ・パブリッシング)
    • 寺田 祐一「私鉄・三セク気動車 141形式・585輌の今!」 pp. 4-50
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻795号「鉄道車両年鑑2007年版」(2007年10月・電気車研究会)
    • 岸上 明彦「2006年度民鉄車両動向」 pp. 116-141
  • 『鉄道ファン』通巻577号(2009年5月・交友社)
    • 斎藤 幹雄「高千穂鉄道 車両搬出作業実施」 pp. 149-151
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻825号「鉄道車両年鑑2009年版」(2009年10月・電気車研究会)
    • 岸上 明彦「2008年度民鉄車両動向」 pp. 108-134
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻840号「鉄道車両年鑑2010年版」(2010年10月・電気車研究会)
    • 鉄道ピクトリアル編集部「2009年度JR車両動向」 pp. 44-66
    • 鉄道ピクトリアル編集部「JR九州 キハ125形400番代」 pp. 104-105
    • 鉄道ピクトリアル編集部「JR車両諸元表」 pp. 113-115
    • 鉄道ピクトリアル編集部「2009年度JR車両動向」 pp. 190-206