高倉盛隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
高倉 盛隆
時代 江戸時代
生誕 天明3年(1783年
死没 文政9年4月18日1826年5月24日
別名 相模、盛正
墓所 桑折・大安寺
主君 津軽信順
弘前藩
氏族 清和源氏二本松氏高倉氏
父母 父:高倉盛之
盛儀

高倉 盛隆(たかくら もりたか)は、江戸時代後期の弘前藩家老

事績[編集]

天明3年(1783年)、弘前藩家老高倉家8代目当主盛儀の嫡男として生まれる。高倉家は初代高倉盛次が津軽氏に仕えて以来、代々家老を務めて来た名家で、盛隆も家老となった。しかし、主君である津軽信順は暗愚な殿様であり、放蕩三昧であった。文政9年(1826年)、江戸参勤の際、しばしばの諫言も受けいられず、心を痛め、共にやってきた家老津軽貞栄に切腹して諌める由を伝えた。そして、同年4月18日、仙台藩領桑折の宿に病気と偽って留まり、切腹した。辞世の句は「消える燈の名残りや暁のほととぎす」と詠んだ。

参考文献[編集]

  • 「青森県人名大事典」1969年、東奥日報社