高倉下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
高倉下命
時代 弥生時代、上古
生誕 不詳
死没 不詳
別名 高倉下、手栗彦命[1][2]天香語山命[1][2]、天筑摩命[3]、多栗彦命[4]、高倉宇志命[5]、熊野耳命[5]
主君 神武天皇
氏族 尾張連尾張国造)祖
父母 父:天前玉命[3][4]または白雲別命[5]または天火明命[1][2][6]、母:天道日女命[1][2][6]
兄弟 加弥比加尼命[5]、豊水富媛命[5]
穂屋媛命[1][2]または阿俾良依媛[5]
大沼主命[3](天村雲命[1][2][6]、天伊達命[4])または天押人命[5]、葛木出石媛命[5]
特記
事項
国津神と自称
テンプレートを表示

高倉下(たかくらじ、生没年不詳)は、古代日本の人物で尾張連の遠祖。夢で見た神託により、神武天皇に霊剣布都御魂をもたらした。

神話の記述[編集]

記紀[編集]

古事記』、『日本書紀』によれば、神武天皇とその軍は東征中、熊野で熊または悪神の毒気により倒れた。しかし、高倉下が剣をもたらすと覚醒したという。高倉下がこの剣を入手した経緯は次のようなものである。高倉下の夢の中で、天照大御神高木神が、葦原中国が騒がしいので建御雷神を遣わそうとしたところ、建御雷神は「自分がいかなくとも、国を平定した剣があるのでそれを降せばよい」と述べ、高倉下に「この剣を高倉下の倉に落とし入れることにしよう。お前は朝目覚めたら、天津神の御子に献上しろ」と言った。そこで高倉下が目覚めて倉を調べたところ、はたして本当に倉の中に剣が置いてあったため、それを献上したのである。この剣は佐士布都神といい、甕布都神とも布都御魂ともいい、石上神宮に祀られている。

先代旧事本紀[編集]

先代旧事本紀』巻5天孫本紀では、物部氏の祖神である饒速日命の子で尾張連らの祖天香語山命彌彦神社の御祭神)の割註に「天降り以後の名は手栗彦命または高倉下命である」としている。その後『日本書紀』と同様の内容が記述される。


系図史料の記述[編集]

諸系譜[編集]

中田憲信の著作である『諸系譜』の第一冊には三種の尾張氏系図を掲載しているが、いずれも両親を天火明命と天道日女命(天道日姫命)とし[1][2][6]、『日本書紀』と「天孫本紀」の伝承をかけ合わせた系譜を伝える。第二冊所載の「大和宿祢及海直」系図によれば、綿積豊玉彦命の孫である天前玉命が天筑摩命の父とされ、高倉下の名では記されないが、高倉下の別名・天筑摩命が掃部氏の祖である天忍人命の祖父として登場している[3]

笠嶋家系図[編集]

牟婁郡海神社社家の系図では、高倉下の父を白雲別命としており、天村雲命を欠いて天押人命を高倉下の子に置く[5]。『諸系譜』所載の「尾張連」系図が神武朝に活動した加弥比加尼や豊水富媛命、天日別命を高倉下の孫に置くことに対し[2]、「笠嶋家系図」では高倉下の兄妹に加弥比加尼、豊水富媛命を置く[5]

百家系図稿[編集]

鈴木真年の著作である『百家系図稿』の巻六に掲載されている「波平」系図では、「大和宿祢及海直」系図と同じく高倉下を前玉命の子としている[4]

海部氏勘注系図[編集]

海部氏系図』の「勘注系図」においては、始祖彦火明命の児天香語山命の註に、大屋津比賣命を娶り高倉下を生んだと記述されている。始祖の孫(天香語山命の子にあたる)天村雲命の弟として、“弟熊野高倉下 母大屋津比賣命”と表記されている。ただし『海部氏系図』には様々な疑問があり、「勘注系図」そのものが『旧事本紀』の内容を受けた可能性がある[7]

解説[編集]

「高倉下」という名前は「高い倉の主」の意である。

布都御魂が祀られている石上神宮は、物部氏に関係の深い神社である。

神倉神社及び熊野速玉大社の神倉宮に祀られているほか、三重県伊賀市(旧上野市)西高倉の高倉神社などに祀られている。

高倉神社(三重県伊賀市)は高倉下命の七代の後の子孫である倭得玉彦命がこの地に移り住んで高倉下命を祖神として祭祀した事を起源とする社である。

なお、高倉下命はしばしば天香語山命と同一神であると解釈されるが、粟田寛は『国造本紀考』(明治36年)38ページで天香語山命が高倉下命とは信じられないとする。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 中田憲信「尾張宿祢」『諸系譜』第一冊。
  2. ^ a b c d e f g h 中田憲信「尾張連」『諸系譜』第一冊。
  3. ^ a b c d 中田憲信「大和宿祢及海直」『諸系譜』第二冊。
  4. ^ a b c d 鈴木真年「波平」『百家系図稿』巻六。
  5. ^ a b c d e f g h i j 鈴木真年「紀伊国牟婁郡海神社祝笠嶋家系図」『諸氏家牒』、東京大学史料編纂所データベース。
  6. ^ a b c d 中田憲信「千秋季隆家系」『諸系譜』第一冊。
  7. ^ 宝賀寿男国宝「海部氏系図」への疑問』樹紀之房間、2006年。

関連項目[編集]