高井場山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高井場山
Takaibayamaw.jpg
標高 668 m
所在地 日本の旗 日本
秋田県鹿角市
位置 北緯40度21分04.2秒
東経140度49分02.7秒
座標: 北緯40度21分04.2秒 東経140度49分02.7秒
高井場山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

高井場山(たかいばやま)は、秋田県鹿角市にあるである。

概要[編集]

標高668m。大湯川米代川水系支流)の行内沢(おこないざわ)と、荒川川(同水系支流小坂川支流)七滝沢に挟まれた稜線上にある。汁毛川(しるけがわ、小坂川支流)は、この山の南斜面にその源を発する。また、西斜面を流れる七滝沢の下流には、日本の滝百選に選ばれている七滝がある。

上向地区から七滝沢沿いに林道が設けられている。

江戸時代(文化年中)、この山から火石(火打石)が採掘されたとの記録がある[1]

伝承[編集]

この山の東側を水源とする行内沢はその昔、とてもきれいな水が流れていた。十和田湖を追われた八郎太郎は、この行内沢をせき止めて湖を造ろうとしたという伝承がある[2]

脚注[編集]

  1. ^ 参考文献:鹿角市、1982〜1997、『鹿角市史』
  2. ^ 参考文献:鹿角市発行『陸中の国鹿角の伝説』

関連項目[編集]