高井俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高井 俊
読売ジャイアンツ #011
基本情報
出身地 新潟県見附市
生年月日 (1995-08-22) 1995年8月22日(23歳)
身長
体重
180 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り NPB / 2016年 育成選手ドラフト1位
年俸 270万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高井 俊(たかい すぐる、1995年8月22日 - )は、読売ジャイアンツに所属する新潟県見附市出身のプロ野球選手投手育成選手)。右投右打。

来歴[編集]

父親はアマチュア野球で審判を務めていた[2]。小学校2年生の時に野球を始め、中学時代は軟式野球部に所属[3]。高校で野球を続けるつもりはなかったが、両親からの勧めにより県外の高校で野球をやることになり、宮城県東北高等学校に進学する[3]

高校時代は、1年生で投げ込み練習を続けてレベルを上げたが、2年生時に自身の失態による練習不許可や不慮の事故による負傷が続き、ようやく主力選手の一員となった3年生時の全国高等学校野球選手権宮城大会も4回戦で敗退し、全国高等学校野球選手権大会には出場できなかった[2][3]。「自分のレベルではついて行けない」という理由で大学野球部からの勧誘を断り、実家に戻って長岡市の調理師学校に入学した[2]。調理師の勉強の傍ら、趣味の一環として軟式野球のクラブチームに加入した[3][2]。チームが国民体育大会の予選で北陸ガスに敗退したことをきっかけに、NPBを目指す決意をする[2][3]

2014年11月、ベースボール・チャレンジ・リーグのトライアウトを受験し、新潟アルビレックス・ベースボール・クラブより指名を受けて入団[2]。新潟時代にフォームをトルネード投法に変え、速球は152km/hを計測するまでになった[2]。新潟では2シーズンで53試合に登板し、1勝4敗6セーブの成績を残した[2]

2016年10月20日に行われたドラフト会議にて読売ジャイアンツから育成1位指名され、支度金200万円、年俸240万円、背番号011で仮契約した。

選手としての特徴[編集]

トルネード投法から繰り出す最速152kmのストレートを得意とする。[2]

人物[編集]

新潟時代の監督であった赤堀元之は、「ストイックで負けず嫌いの性格は、あきらかにプロ向き」と評していた[2]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 23 (2015年 - 2016年)
  • 011 (2017年 - )

登場曲

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2019年2月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j BCリーグドラフト 2016 for NPBドラフト会議 » VOL.9 高井 俊 (新潟アルビレックスBC) - ベースボール・チャレンジ・リーグ
  3. ^ a b c d e 斎藤寿子 (2016年12月28日). “「真剣勝負」に魅せられて、ついに押し開けた NPBへの扉 ~巨人育成1位・高井俊~”. The BORDERLESS. http://theborderless.jp/3137/ 2017年12月27日閲覧。 
  4. ^ NPBメンバー一覧 | 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)”. 日本野球機構. 2018年1月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]