駱秉章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
駱秉章

駱 秉章(らく へいしょう、Luo Bingzhang1793年 - 1867年)、字は籲門、号は儒斎朝の官僚。

広東省花県(現在の広州市花都区)出身。1832年進士となって翰林院庶吉士となる。1848年湖北按察使となり、1850年には貴州布政使から湖南巡撫に昇進した。1852年太平天国軍が湖南に入ると駱秉章は兵を率いて抵抗し、長沙を80日間にわたって包囲されたがついに守りきった。1853年曽国藩団練を結成するのを支持し、左宗棠幕僚に招いた。

1861年四川総督に任命され雲南省藍朝鼎の蜂起軍を鎮圧した。1863年大渡河に進軍し太平天国の石達開の退路を断った。石達開は包囲され、部下の命を助けるために投降し成都で処刑された。1867年、四川総督在任のまま死去。文忠の諡号を贈られた。

先代:
馮徳馨
湖南巡撫
1850-1852
次代:
張亮基
先代:
潘鐸
湖南巡撫
1853-1860
次代:
翟誥
先代:
崇実
四川総督
1861-1867
次代:
呉棠