駒都えーじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こまつ えーじ
駒都 えーじ
プロフィール
生誕 非公表
日本の旗 日本神奈川県[2]
サークル Passing Rim[1]
公式サイト Passing Rim
代表作
一般ゲーム 蒼い海のトリスティア
蒼い空のネオスフィア
planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜
スパロボ学園
暁のアマネカと蒼い巨神
アダルトゲーム 魔女っ娘ア・ラ・モード[1]
挿絵 まぶらほ
イリヤの空、UFOの夏[1]
ジャンクフォース

駒都 えーじ(こまつ えーじ、: Komatsu E-ji[2])は、日本イラストレーター原画家、同人作家。一部の仕事や同人活動においては、こつえー(CO2A)というペンネームを用いる事もある。神奈川県出身[2]

メカと少女を織り交ぜたメカ少女の立役者として知られる[1]同人サークルPassing Rim」を主宰し、メカ少女に関する設定資料集を中心に発行している[1]。代表作にライトノベル『イリヤの空、UFOの夏』挿絵やゲーム『魔女っ娘ア・ラ・モード』原画担当などがある[1]

経歴[編集]

絵を描き始めたのは幼稚園のころ。買ってもらった『タイムボカン』のおもちゃ「メカブトン」の翅を上げたポーズを描き、親に褒められた[3]

小学校の頃にはガンダムシリーズに嵌まる。番組作画担当の名前を見て、「こんな人が絵を書いているんだぁ〜」と一時期憧れるが、中学に入りアニメへの関心が薄れる。

そんな中高校時代、アーケードゲームの『グラディウスIII』などにはまり、雑誌を買っていた。その雑誌の投稿ページを見ることが楽しくなり、「こういうのを描けるようになりたい」と思い始める。その後は、男性キャラ・女性キャラ問わず、様々なイラストを描いて投稿していた。学生時代に好きだった科目には美術を挙げている[4]

専門学校に入ってからはパソコンドット絵を趣味で始め、将来はグラフィック関係の仕事がしたいと考える。また、プログラマのCO2B(こつびー)と共同で、「CO2-PRO」(こつぷろ)の名でPC-9800シリーズ用の同人ソフトシューティングゲーム(『GARUDIUS』『骨塵』など)を製作し、CO2A(こつえー)の名で企画と絵を担当(最後はWindows95で『骨塵2』を製作していたが、開発中止となった)。

専門学校を卒業後、ゲームグラフィックの下請け仕事をやっていた頃、美少女ゲーム誌の『パソコンパラダイス』編集部から表紙イラストの仕事の誘いが来る。

その後は「Passing Rim」の名でグラフィッカーとして独立。『新世紀エヴァンゲリオン』のアスカ[4]と『デ・ジ・キャラット』のうさだ萌えを抱き、絵を描いているうちに絵の中のキャラに愛情を注ぎ込むことができると理解する。そしてCARNELIANみつみ美里七瀬葵のイラストを参考に絵の特訓をする。

参加作品[編集]

駒都えーじ 名義
こつえー 名義

画集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 伊藤 2006, p. 188.
  2. ^ a b c 不明 2013, p. 90.
  3. ^ 『メガミマガジン』vol.30 p.149 (2002)
  4. ^ a b 電撃萌王編集部 2013, p. 20.

参考文献[編集]

書籍[編集]

  • 伊藤真広、「【プロ作家】→【同人名義】データベース」、村中宣彦編 『ゲームラボ特別編集「現代視覚文化研究」』 三才ブックス2006年、186 - 193頁。ISBN 4-86199-061-0 
  • 不明、「駒都えーじ」、久保田賢二編 『ILLUSTRATION 2013』 ソーテック2013年、90 - 91頁。ISBN 978-4-88166-888-7 

雑誌[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]