駒井卓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

駒井 卓(こまい たく、1886年5月9日 - 1972年7月9日)は、動物学者日本学士院会員。兵庫県姫路市に生まれる。旧姓・福田。東京高等師範学校卒、東京帝国大学選科修了。コロンビア大学留学ののち、1925年京都帝国大学、東京帝大兼任教授、1947年東大定年退官、1948年学士院会員、1949年国立遺伝学研究所部長。

1924年2月 東京大学 理学博士 「Studies on two aberrant ctenophores, Coeloplana and Gastrodes(二種の異状なる櫛水母シロープラナ及びガストロデスの研究)」。

動物遺伝学動物系統学進化論を研究。

著書[編集]

  • 生物学叢話 改造社 1930
  • ダーウヰン伝 改造社 1932(偉人伝全集 第6巻)
  • 日本人を主とした人間の遺伝 創元社 1942
  • 遺伝学叢話 甲鳥書林 1944
  • ダーウインの家 創元社 1947(百花文庫)
  • 日本の資料を主とした生物進化学 培風館 1948
  • 遺伝と家系 北隆館 1949
  • 動物学上著名な日本産動物 甲文社 1949
  • ショウジョウバエの遺伝と実験 培風館 1952
  • ダーウィン その生涯と業績 培風館 1959
  • 遺伝学に基づく生物の進化 培風館 1963
共編著
  • 最近の生物学 第1-5巻 木原均共編 培風館 1950-55
  • 人類を主とした遺伝学 培風館 1952
  • 集団遺伝学 酒井寛一共編 培風館 1956
翻訳

論文[編集]

  • Komai, T. (1951), “Notes on lingual gymnastics: Frequency of tongue rollers and pedigrees of tied tongues in japan”, Journal of Heredity 42 (6): 293-297 
  • Komai, T. (1968), “Pavlov and genetics”, Journal of Heredity 59 (5): 311-312 
  • Komai, T. (1950), “Photograph of a man with a tail”, The Journal of Heredity 41 (9): 247-248 
  • Komai, T. (1967), “T. H. morgan's times: A japanese scientist reminisces”, Journal of Heredity 58 (5): 247-250 
  • Komai, T. (1953), “Three japanese pedigrees of typical brachydactyly”, Journal of Heredity 44 (2): 79-85 
  • Komai, T.; CHINO, M.; HOSINO, Y. (1950), “Contributions to the evolutionary genetics of the lady-beetle, harmonia. I. geographic and temporal variations in the relative frequencies of the elytral pattern types and in the frequency of elytral ridge”, Genetics 35 (5-1): 589-601 
  • Komai, T.; Fukuoka, G. (1934), “Post-natal growth disparity in monozygotic twins”, Journal of Heredity 25 (10): 423-430 
  • Komai, T.; Ishihara, T. (1956), “On the origin of the male tortoiseshell cat”, Journal of Heredity 47 (6): 287-291 
  • Komai, T.; KISHIMOTO, K.; OZAKI, Y. (1955), “Genetic study of microcephaly based on japanese material”, American Journal of Human Genetics 7 (1): 51-65 
  • Komai, T.; KUNII, H.,; OZAKI, Y. (1956), “A note on the genetics of van der hoeve's syndrome, with special reference to a large japanese kindred”, American Journal of Human Genetics 8 (2): 110-119 

関連項目[編集]

関連人物[編集]

  • 徳田御稔 - 京都帝国大学時代に指導した大学院学生

外部リンク[編集]