馴化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

馴化(じゅんか、: Habituation)とは、心理学における概念の一つ。ある刺激がくり返し提示されることによって、その刺激に対する反応が徐徐に見られなくなっていく現象(馴れ、慣れ)を指す。特に、報酬をもたらすわけでも有害なわけでもない中立的な刺激に対して生じやすい。馴化は刺激を特定して起こる。つまり、ある刺激Aに馴化しているときでも、別の刺激Bを提示された場合、生体は刺激Bにはちゃんと反応する。ヒトだけでなくほぼすべての動物が馴化を示す。学習記憶の基礎研究でよく用いられるアメフラシの他にも、原生生物であるソライロラッパムシ(Stentor coeruleus)でも馴化が起こるという報告がある[1]

メカニズム[編集]

内因性カンナビノイドの一つである2-アラキドノイルグリセロール英語版 (2-AG) の合成が低下すると、匂い空間に対する馴化(適応)が促進される。反対に、2-AGが海馬歯状回シグナル伝達を弱めることで馴化が抑制される[2][3]

出典[編集]